プロペシア処方ならAGA治療専門のリブラクリニック

新宿院 目黒院
新宿院
目黒院
お支払

リブラクリニックTOPAGA治療薬 > AGA治療は早めが効果的

AGA治療は早めが効果的

AGAは早期治療が重要だとよく言われています。AGAは進行性のため、治療を先延ばししていると、どんどん症状が悪化していきます。症状の軽いうちから治療をすることによって回復までにかかる時間が短くなり、恥ずかしいと感じる時間が短く済むというのも理由の一つです。

しかしそれだけではありません。

人の細胞が分裂する回数は一部の生殖細胞を除き約40~50回といわれています。この回数は髪の毛を生成する毛母細胞も一緒であり、毛母細胞も40~50回細胞分裂をすると寿命になりそこには髪の毛が生えなくなるのです。

毛母細胞はヘアサイクルという一定のサイクルで分裂を繰り返し、毛髪を生成します。通常のヘアサイクルは1周が2~6年といわれているので、最短のヘアサイクルで最短の細胞分裂回数だったとしても毛母細胞の寿命は80年ということになります。要するに通常のヘアサイクルであるなら、80年間毛母細胞は分裂し毛髪を生成し続けるということです。

しかし、AGAの場合はそうはいきません。AGAはヘアサイクルが正常に機能しなくなりサイクルの期間が0.5~1年と短くなります。こうなってしまった場合、毛母細胞の細胞分裂回数が例え最大とされる50回だったとしても、25~50年で毛母細胞は寿命を迎え毛髪を生成できなくなるのです。

毛母細胞が分裂を終了した箇所からはどんな治療を施しても毛髪を再生させることは不可能です。毛母細胞が細胞分裂可能な早期のうちに治療を行ない、ヘアサイクルの期間を長くし、毛母細胞の寿命を延ばすことがAGA治療の最も重要なことなのです。

ちなみに、毛母細胞の分裂回数や残っている寿命は調べる検査方法などがありません。少しでも抜け毛が気になりだしたり、予防をしたいと思っているのであれば、すぐにでもAGA治療に取り掛かったほうがいいでしょう。