プロペシア処方ならAGA治療専門のリブラクリニック

新宿院 目黒院
新宿院
目黒院
お支払

AGAの治療

AGAの治療には大きく分けて3つの種類があります。①内服薬や外用薬による内科的治療(薬物治療)、②医療機関での植毛手術を受ける外科治療、③かつらなどの整容的対処の3種類です。この中で現在一般的に行われている治療方法が①の内科的治療になります。

AGAのメカニズムは解明されていて、AGAの脱毛部には男性ホルモンであるT(テストステロン)がリダクターゼという酵素により変化した、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが高濃度に見られ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質だということがわかっています。

処方薬であるプロペシアの主要成分フィナステリドは、リダクターゼの働きを抑える作用があるため、AGAの原因になっているDHTが生産されなくなることによりAGAの脱毛を予防します。この様に、AGAの原因になっているもとを抑える事ができる薬があるためAGAの治療として第一に内科的治療が行われるのです。②の外科治療のように手術を受けるようなわずらわしさもありませんし、それに伴う痛みなどもありません。また、③のかつらなどの整容的対処では見た目はごまかせたとしても根本的なAGAの解決にはなりません。

日本皮膚科学会もAGAについてのガイドラインを作成していますが、一番いい判定がついているのは内服薬であるプロペシアと、外用薬のミノキシジルだけです。特にプロペシアに関しては服用している方の約9割の方がAGAの改善しているデータもあり、とても効果の高い薬になります。

当院ではAGAの治療にプロペシア及び外用薬の処方を行っております。処方の際には簡単な問診を行ないプロペシアの説明をさせていただいております。プロペシアについてご質問等あればお気軽に御来院ください。

AGAの治療指針