シアリス処方ならED治療専門のリブラクリニック

新宿院 目黒院
新宿院
目黒院
お支払
リブラクリニックTOPED治療薬シアリス > シアリス服用の注意点

タダラフィルとは

タダラフィルとはシアリスに含まれる有効成分です。
ED治療薬のシアリスは、タダラフィルの含有量を表しシアリス5mg、シアリス10mg、シアリス20mgとなります。

※当院では5mgの取り扱いはございません。

タダラフィルを主成分とした3種類の内服薬

すべて厚生労働省に認可され販売しており、それぞれ適応が異なる薬です。

【シアリス(Cialis®、登録商標第4850513号)】 5mg、10mg、20mg
目的:勃起不全(ED)治療薬

【アドシルカ】
目的:肺動脈性肺高血圧症(難病指定疾患)治療薬

【ザルティア錠】2.5mg/50mg
目的:前立腺肥大治療薬

タダラフィルの歴史

シアリス(成分:タダラフィル)は2003年にアメリカにあるイーライリリー社が製造を開始しました。日本では2007年7月31日に認可が下り、世界で3番目のED治療薬として販売されています。

ただし、日本で正規に手に入れたい場合は医師による処方箋が必要となり、保険外診療となるため医療機関により費用もさまざまです。

なお、肺動脈性肺高血圧症の治療薬としてアドシルカが処方される場合は保険適用されますが、治療目的がED治療という場合は保険給付対象外です。

タダラフィルの作用

タダラフィルは、生体内で環状グアノシンーリン酸(cGMP)の分解をしている5型PDE-5(ホスホジエステラーゼ) の酵素活性を阻害します。これが陰茎周辺部(もしくは肺)のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることにより機能すると考えられています。

シアリスとバイアグラ・レビトラの違い

シアリスは今までのED治療薬の問題点を改善させるべく研究が進められて開発されました。

「食事の影響を受けにい」「最大36時間もの間効果が持続する」ことを魅力に感じ、多くの人が過去に使っていたED治療薬からシアリスに乗り換えました。

アメリカやヨーロッパでは最大36時間という持続時間という特徴から”ウィークエンドピル“と親しみをもって呼ばれるほど人気が高く、フランス・スペインなどではバイアグラを超えてED治療薬の中でシェア率が1位になっているほどです。

つまり金曜日の夜にシアリスを服用すれば、日曜日のお昼ごろまで効果が持続するということです。プレッシャーを感じやすい人にはとても使いやすい薬です。

シアリスの効果は36時間続くといってもずっと勃起が続いているということではありません。性的な刺激があった時だけ勃起が起こります。つまり性的刺激を受けて初めて勃起し、性的刺激が中止されれば(性行為が終了すれば)勃起はおさまります。