バイアグラ処方ならED治療専門のリブラクリニック

新宿院 目黒院
新宿院
目黒院
お支払

リブラクリニックTOPED治療薬 > ED治療薬とお酒

ED治療薬とお酒

ED治療薬は副作用として顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まりなどが現れる事があります。顔のほてりなどは大体の方が訴えられる症状で、これの原因はED治療薬の効果の血流を良くするころから来ています。これらの症状はお酒を飲んだ時の症状と同じもので、お酒も飲むと血流が良くなり、ED治療薬の副作用と同じような症状が現れます。

では、ED治療薬飲んだ時にお酒を飲むとどうなるでしょうか。血流が良くなりさらに効果が高くなりそうなイメージをしてしまいますが、多量のアルコールの摂取は勃起力を弱らせ、ED治療薬の効果を減少させてしまいます。しかし、アルコールにはプレッシャーやストレスから開放されるなどの精神安定効果や、精力の増進効果があるので適度な量の摂取はその相乗効果でED治療薬の効果を高めます。

気をつけていただきたいことは、あくまでも適量のアルコールの摂取であればというところです。ED治療薬の服用により血流が良くなるため、飲酒によるアルコールのまわりが早くなっていて酔いやすくなっています。多量にアルコールを摂取すると勃起力弱らせるだけでなくそれ以前の問題になりかねませんのでご注意ください。

ED治療薬とお酒の併用する場合は“お酒はほどほどに”を意識してください。