バイアグラ処方ならED治療専門のリブラクリニック

新宿院 目黒院
新宿院
目黒院
お支払

リブラクリニックTOPED治療薬 > 不妊症とED

不妊症とED

近年、日本では少子化が大きな問題になっています。これは恋愛に積極的になれない草食系男子の増加や、女性の社会的地位の上昇による恋愛感の変化によって結婚願望を持たなくなった人が増加し、結婚する人自体が減少しているのが大きな原因の一つですが、結婚し子供を作ろうとしても作ることのできない、いわゆる『不妊症』の方が増えてきているのも原因だと考えられています。

不妊症とは、避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠しない状態のことで、現在日本の妊娠を望んでいるカップルのなんと約10%が不妊症だといわれています。不妊症といえば、未だに女性の側に問題があると捉えられがちですが、その原因の割合は、男性の側に問題がある場合が40%、女性の側に問題がある場合が40%、両性共に問題がある場合が15%、原因不明の場合が5%といわれていて一概に女性の側にだけ問題があるわけではないのです。ちなみに男性側の問題としては、精子を造る能力が低い造精機能障害や、精液に精子が全く認められない無精子症などがありますが、実はEDもその1つとして数えられています。自然に妊娠しようとすると、膣内へ射精をするところから始まりますが、性交為自体を完結することのできないEDは妊娠を望むカップルにとってとても深刻な問題なのです。

こうした男性不妊の原因になっているEDは、若いカップルが離婚する大きな原因にもなっています。EDには様々な原因があり治療が可能なのですが、女性が「愛情がないからできない。」と考えてしまう事が多いからです。男性はちょっとした理由で勃起が起こらなくなることも珍しくはありません。そのことで女性がパートナーの男性を攻めるとさらにEDが深刻になることもあるのです。また、子づくりに対するプレッシャーから、今まで何も問題がなかった人が突如EDになるケースも多くあります。この様に、子供を望むカップルを悩ませるEDは心理的な原因のものが多いのです。過去の性交の失敗や仕事のストレスなど心因的要因でEDになっている場合、ED治療薬の服用がとても効果的です。しかもED治療薬を服用して子づくりに励んだとしても、生まれてくる子どもには何の影響もなく安心して使っていただけます。

専門のクリニックを受診し、医師の診察を受け、適切に用いた場合、ED治療薬からとても大きな効果が得られるはずです。ED治療薬を利用し、妊娠までいければあなたも日本の少子化問題に貢献できるかもしれません。