バイアグラ処方ならED治療専門のリブラクリニック

新宿院 目黒院
新宿院
目黒院
お支払

リブラクリニックTOPED治療薬 > ED治療薬と食事の関係

ED治療薬と食事の関係

ED治療薬は種類によって食事との関係が違ってきます。

バイアグラに関していえば食事の影響がかなり強く出てしまうので、空腹時に服用することが望ましいです。空腹時に服用することにより、満腹時に服用するのと比べ、効果が現われるまでの時間が2倍以上早いとされていますし、服用後の最大血中濃度も空腹時のほうが約1.7倍に増える為、より効果が強く現われます。

レビトラはバイアグラのそういった欠点を解消された薬で、食事の影響を受けにくいといわれています。『標準的な食事なら影響を受けない』(一般男性の標準的な食事は一食約700kcalです)と謳われている通りバイアグラと比べ食事の影響は少ないです。しかし補足で『総エネルギーに占める脂肪の割合が30%』とありますので、脂っこい食事後に服用すると効果に影響が出てしまいます。レビトラを服用する前に食事を取られるのであれば、なるべく脂肪分を落としたさっぱりとした食事をするように心がけましょう。

最後にシアリスにいて。この薬は3つのED治療薬の中でもっとも食事の影響を受けにくいとされています。メーカーが発表している目安としては800kcalまでの食事であれば影響を受けません。しかし、どの薬も満腹時より空腹時に服用することでより高い効果が望めます。もし食後に服用されるのであれば、食後2時間くらいたってから服用するか、食前に服用されるのであれば、薬を飲んでから1時間以上空けてから食事をとられることを進めします。

ED治療薬服用のタイミング