泌尿器科・皮膚科・美容外科 リブラクリニック

EDの改善

ED治療薬を服用すれば、勃起をする働きを助け薬の効果が続く限りEDの症状は改善されます。ですが、1度ED治療薬を服用することでその後もEDが完全に改善するわけではありません。

ED治療薬はあくまでも勃起をする働きを補助する薬なのです。EDが根本から改善されればED治療薬に頼ることもなくなりますので、保険が適用されないED治療薬を服用しなくてすむ為に経済的負担も軽減されますし、また薬を服用するわずらわしさもなくなります。ではEDを根本から改善する為にはどうすればいいのでしょうか。

EDの主な原因は生活習慣に起因します。喫煙や、暴飲暴食、不規則な生活リズム、運動不足、ストレスなどなど不健康な生活習慣がEDへと繋がるものになっているのです。

喫煙に関しては、喫煙者は非喫煙者に比べ1.8倍もEDになる頻度が高いというデータもあります。喫煙によって陰茎に血液を運ぶ内陰部動脈の動脈硬化がおきますのでこれにより陰茎に流入する血液量が減って勃起の硬さが十分でなくなるといわれています。

アルコールに関しては、少量であればリラックス効果があり、自制心が開放されるため性的興奮が出る場合もありますが、血中のアルコール濃度が高くなってくると勃起機能が低下します。慢性的な飲酒によって肝機能が低下すると、血液中のテストステロンという男性ホルモンが減少し性欲も低下してしまいます。

暴食によってコレステロールや中性脂肪の値が高くなっている人もEDになりやすいです。また、暴食や運動不足などにより肥満になった状態が続くと男性ホルモンの分泌を阻害し、これもEDの原因となります。不規則な生活リズムはホルモン分泌のバランスをくずしますし、ストレスは心因性のEDの元になります。

上記の様なことは続けているとEDだけでなく、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病をも引き起こしてしまいます。生活習慣病は自覚症状がない為放置しがちですが、EDの症状は実は、自分の生活習慣病を自覚できる初期症状の一つでもあるのです。

EDでお悩みの方や、自分はEDかもしれないと思われる方は上記の様に生活習慣の乱れがあるのではないでしょうか?それを改善し、規則正しい生活を心がける事でEDの根本的な改善につながりまた、生活習慣病の予防にもなるのです。

新宿駅から徒歩3分の新宿院アクセスはこちらをクリック 目黒駅から徒歩0分の目黒院アクセスはこちらをクリック
スタッフブログ