泌尿器科・皮膚科・美容外科 リブラクリニック

バイアグラの処方禁忌

次に該当する方はバイアグラの処方ができませんのでご注意ください。

1. バイアグラの成分に対し過敏症の既往歴のある患者

2. 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤
 (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の患者

3. 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者

4. 重度の肝機能障害のある患者

5. 低血圧の患者(血圧<90/50mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧
  の患者(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)

6. 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者

7. 網膜色素変性症患者
  [網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害を持つ症例が少数認められる。]

≪警告≫

(1)バイアグラと硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を降下させることがあるので、バイアグラ投与の前に、硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを明確に医師に報告してください。バイアグラ使用中、バイアグラ使用後もそれらの薬剤が投与されていないかを報告してください。命に係る事態に陥らないためにも必ず守ってください。

(2)死亡例を含む心筋梗塞などの重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、バイアグラ投与の前に、心血管系障害の有無を必ず主治医に確認しておく必要があります。

スタッフブログ