シアリスの歴史

シアリスの歴史

シアリスの歴史

シアリスの歴史

シアリスは2003年にアメリカにあるイーライリリー社が製造を開始して、日本では2007年7月から日本イーライリリー(後に日本新薬へ販売移管)から販売となった世界で3番目に開発されたED治療薬です。

シアリスはバイアグラやレビトラと全く違ったコンセプトで開発されています。

現在でも大きなシェアを誇るバイアグラは、服用してから作用するまでに1時間近くを要し、持続時間も4~5時間程度で、次に開発されたレビトラに関しては服用から作用するまでには時間の短縮がみられましたが、持続時間はバイアグラと同程度のものでした。

この時間制限が時として、「ED治療薬を飲んだのだから勃起しなくてはならない。」というプレッシャーになってしまうこともあります。また、バイアグラとレビトラの両薬剤ともに脂肪分の多い食事の直後に服用した場合、効果が十分に出ないことがあるので、食事の時間と性行為の時間に配慮する必要があります。シアリスは3薬の中でも一番食事の影響を受けにくく、自由度の高いED治療薬となっております。

シアリスはこういった今までのED治療薬の問題点を改善させるべく研究が進められ、開発されました。食事の影響を受けにくく、また最大36時間もの間効果が持続するため、多くの人がそれまで使っていたED治療薬からシアリスに乗り換えました。

アメリカやヨーロッパでは最大36時間という持続時間という特徴から”ウィークエンドピル“と親しみをもって呼ばれていて非常に人気が高く、フランス、スペインなどではバイアグラを超えてED治療薬の中でシェア率が1位になっているほどです。

一方、日本ではシアリスが認可されたのは2007年ですので、まだ知名度は低いですが、その他のED治療薬からシアリスに移行したり、状況に応じて複数のED治療薬を使い分ける人もいるため、シェア率は増加傾向にあります。

シアリスについての詳細はこちら

この記事の執筆者

リブラクリニック 目黒院 院長 日高 士郎

昭和29年、鹿児島県出身。昭和63年に医学博士取得。
平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適正治療に多数貢献。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。