バルデナフィルの歴史

バルデナフィルの歴史

バルデナフィルの歴史

バルデナフィルの歴史

バルデナフィルはバイアグラに続き、世界で2番目に開発されたED治療薬です。バルデナフィルはバイアグラの欠点を補う形で開発されていて、バイアグラに比べ食事の影響が受けにくく、また薬の効き始めが早いという面で優れています。

バルデナフィルというと、アスピリンの開発などで有名なドイツの製薬会社バイエル薬品が製造販売していることはよく知られていますが、実際はバイエル薬品、グラクソ・スミスクライン株式会社、シェリング・プラウの3社で共同開発された薬です。

アメリカでは5年間も臨床試験が繰り返し行われ、バルデナフィルは販売から数週間でED治療薬として認知されています。日本では2001年12月に承認申請を行ない2004年4月に承認を取得、同年6月から5mgと10mgの販売が開始されました。

しかし、当時の1日の最高用量の10mgでは、糖尿病などの生活習慣病の患者や、脊髄損傷の患者、骨盤内手術後の患者に対してはあまり効果が得られない事がしばしば起きたため、専門医の間では問題視されていました。そのような患者を救う目的もあり、再度臨床試験を行ない10mgで効果が現れなかった患者に、20mgを服用することになりました。安全性に問題がないことを確認した上で2007年7月に日本でも20mgの販売が始まりました。

即効性があって効果が強く現れるという特徴を持つバルデナフィルは日本でも人気が高いED治療薬です。バルデナフィルは現在、アメリカやヨーロッパなど70カ国以上の国で販売されています。

バルデナフィルについての詳細はこちら

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。