プロペシア処方ならED・AGA治療専門のリブラクリニック

新宿院 目黒院
新宿院
目黒院
お支払

リブラクリニックTOPAGA治療薬プロペシア > プロペシアの歴史

プロペシアの歴史

発売以来、AGA(男性型脱毛症)で悩んでいる世界中の男性を救ってきたプロペシアですが、もともとはAGAの治療薬として開発されたものではありませんでした。

プロペシアの主成分のフィナステリドは男性ホルモンを抑制する働きがあるとして、1991年からアメリカのメルク社によって前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬として研究が開始され、1992年に『プロンスカー』の名前で認可されて販売されました。しかし発売後も臨床試験は繰り返し行われていて、その臨床試験に参加した多くの被験者から「髪の毛が増えた。」「抜け毛が減った。」などという症状が報告されました。この作用を発毛という観点で新たな新薬ができないかということで、フィナステリドの発毛薬としての本格的な開発が進められました。

この開発によりフィナステリドはAGAの原因物質となっているDHTという活性型男性ホルモンの働きを阻害することが分かり、その結果、FDA(アメリカ食品医薬品局)は1997年にフィナステリドをAGAの治療薬として認定し、現在では世界60カ国以上で承認・使用されています。我が国日本では約1年間の臨床試験を行った後に厚生労働省が2005年に承認し、メルク社の日本法人であるMSD(旧萬有製薬)から販売が開始されました。

この様な経緯で開発されたAGA治療薬のプロペシアですが、プロペシアの効果は本当に高く、現在服用されているAGAの患者の90%以上の方がAGAが改善されてたり、進行が止まるといった報告がされているのです。