ED治療・AGA治療 リブラクリニック

オンライン処方

 バルデナフィル処方禁忌

次に該当する方はバルデナフィル(レビトラジェネリック)の処方ができませんのでご注意ください。

1. 硝酸剤を使用中の方

2. レビトラ・バルデナフィル錠を服用して、過敏症(アレルギー)を起こしたことのある方

3. 心血管系障害などにより、医師から性行為が不適当だと診断された方

4. 先天的に不整脈(QT延長症候群)がある方や、現在、抗不整脈薬を使用中の方

5. 最近6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こした方

6. 重い肝障害のある方

7. 血液透析が必要な腎障害のある方

8. 低血圧(最大血圧<90mmHg)の方

9. 高血圧(最大血圧>170mmHgまたは最小血圧>100mmHg)の方

10. 不安定狭心症の方

11. 抗ウイルス薬(HIV治療薬)、抗真菌薬(内服)を使用中の方

12. 網膜色素変性症(進行性の夜盲)の方

13. 女性の方

14. 未成年

15. 小児

≪警告≫

(1)バルデナフィルと硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を降下させることがあるので、バルデナフィル投与の前に硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを明確に医師に報告してください。バルデナフィル使用中、バルデナフィル使用後もそれらの薬剤が投与されていないかを報告してください。命に係る事態に陥らないためにも必ず守ってください。

(2)死亡例を含む心筋梗塞などの重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、バルデナフィル投与の前に、心血管系障害の有無を必ず主治医に確認しておく必要があります。

以下の薬と併用すると体に悪影響を及ぼす危険性があるので受診の際には現在服用している薬の名前が分かるようにしておいてください。

薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子

硝酸剤及びNO供与剤

ニトログリセリン
亜硝酸アミル
硝酸イソソルビド
ニコランジル等

併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがある。 NOはcGMPの産生を刺激し、一方、本剤はcGMPの分解を抑制することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介するNOの降圧作用が増強する。

リオシグアト(アデムパス)

症候性低血圧を起こすことがある。

細胞内 cGMP濃度が増加し、全身血圧に相加的な影響を及ぼすおそれがある。

CYP3A4を阻害する薬剤リトナビル(ノービア)

本剤のAUC0-24が 49倍に増加し、Cmaxが13倍に上昇し、半減期が10倍に延長するとの報告がある。 CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する。

アタザナビル(レイアタッツ)ホスアンプレナ ビル(レクシヴァ)ロピナビル・リトナビル(カレトラ)ダルナビルを含
有する製剤(プリジスタ、 プレジコビックス、 シムツーザ)

本剤の血漿中濃度が上昇し、半減期が延長するおそれがある。 CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する。

ケトコナゾール(外用剤を除く)(経口剤は国内未発売)イトラコナゾール(イトリゾール)

本剤の AUCが 10倍に増加し、Cmaxが4倍に上昇するとの報告がある。 CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する。

コビシスタットを含有する製剤(スタリビルド、ゲンボイヤ、 プレジコビックス、シムツーザ)

本剤の血漿中濃度が上昇するおそれがある。 コビシスタットのCYP3A4阻害によりクリアランスが減少する。

クラスⅠA抗不整脈薬
キニジン、 プロカインアミド(アミサリン)、ジソピラミド(リスモダン(経口剤))、シベンゾリン(シベノール)、ピルメ ノ ー ル(ピ メ
ノール)クラスⅢ抗不整脈薬アミオダロン(アンカロン(経口剤))、 ソタロール(ソタコール)

本剤の心臓伝導系への影響を検討する臨床薬理試験において本剤投与によるQTc延長がみられている。 これらの薬剤はいずれもQTc延長作用がみられている。本剤を併用した場合、相加的なQTc延長がみられるおそれがある。

併用注意(併用に注意すること)

薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子
CYP3A4を阻害する薬剤マクロライド系
抗生物質(エリス ロマイシン等)
エリスロマイシンで、本剤のAUCが4倍に増加し、Cmax
が3倍に上昇するとの報告がある。
CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する。
ビカルタミド 本剤の血漿中濃度が上昇するおそれがある。 CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する。
CYP3A4を誘導する薬剤リファンピシン等 本剤の血漿中濃度が低下するおそれがある。 CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する。
カルペリチド 併用により、降圧作用が増強するおそれがある。 本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用が増強するおそれがある。
α遮断薬テラゾシン、 タムスロシン等 併用により、症候性低血圧があらわれるおそれがあるので、α遮断薬と併用する場合には、α遮断薬との投与間隔を考慮すること。 本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用による降圧作用を増強することがある。

食事の影響

健康成人男子24例にバルデナフィル20mgを標準的な食事(総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%)摂取直後に投与した場合、 未変化体のAUC及びCmaxに食事摂取による影響は認められなかった(外国人データ)。

Cmax : 最高血漿中濃度