泌尿器科・皮膚科・美容外科 リブラクリニック

インドのジェネリックについて(フィンペシアなど)

インドでは国際特許が切れていないのにジェネリック医薬品が一般に流通しています。これはなぜなのでしょうか?

理由① インド国内における物質特許

インド国内において物質特許が定められたのは2005年のことでした。したがって2005年以前から製造している薬であれば国際特許が残されていても特許を保有している会社へ費用を払うことで合法的に製造販売が可能になっています。

理由② 発展途上国との関係

発展途上国や貧困国では、先進国と同じ会社の薬だと高額で医療が崩壊するなどの理由が挙げられます。たとえばHIVの治療薬は特許が切れておらず、先進国と同じ製薬会社のものを使うとあまりに高額でまともな治療を受けることが難しくなります。“国境なき医師団”など慈善活動を行っている団体でも費用を賄いきれず価格の安いインドのジェネリックに頼らざるを得ない状況です。