ED治療・AGA治療 リブラクリニック

オンライン処方

 ザガーロの期待される発毛の変化

ザガーロの主成分のデュタステリドという成分は、プロペシアの主成分フィナステリドと同様に、AGAの原因である5α-還元酵素を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質の生成を抑える効果をもちます。

この5α-還元酵素を阻害する作用はフィナステリドと同様ですが、5α-還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類がありフィナステリドがⅠ型の5α-還元酵素のみを阻害するのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の5α-還元酵素の両方を阻害する効果を持っていて、AGA治療において、フィナステリドの1.5倍の脱毛を抑制する効果があるといわれています。

また、デュタステリドは半減期(薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間)が大変長く、2週間ほどあると公式に発表されているのに対し、フィナステリドの半減期は約6~8時間と発表されていて、このため継続的に服用することでデュタステリドは血中濃度のDHT抑制濃度がフィナステリドよりも、より一定に保たれるので、このこともデュタステリドとフィナステリドの効果の差になっていると考えられます。