ザガーロの歴史

ザガーロの歴史

ザガーロの歴史

ザガーロの歴史

AGA治療薬の新薬として新たに認可されたザガーロ。この主成分であるデュタステリド(ザガーロジェネリック)は、ザガーロとして発売される以前から、前立腺肥大症の治療薬(5α-還元酵素阻害薬)アボルブとして発売されていました。

前立腺肥大症とは、前立腺が肥大することによって、尿のきれが悪かったり残尿感が残ってしまったりする病気です。前立腺の肥大は男性ホルモンと大きな関係があり、男性ホルモンが前立腺に作用することにより前立腺が肥大していき、前立腺肥大症が発症してきます。

この前立腺肥大にかかわる男性ホルモンがテストステロンであり、このテストステロンが5α-還元酵素とよばれる酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変換され、効率的に前立腺を肥大させることによって前立腺肥大症が発症します。そこで5α-還元酵素の働きを阻害するデュタステリド(ザガーロジェネリック)を服用することにより、DHTの産生を抑制し前立腺が肥大するのを抑えます。

このように、前立腺肥大症の治療薬としてすでに認可が下りていたアボルブですが、その副作用として増毛効果があることは以前から注目されていました。前立腺肥大症の原因とされているDHTが、AGAの発生の要因でもあるからです。

AGA(男性型脱毛症)ヘアサイクル

ではいままでなぜ、AGAの治療薬としての申請がされていなかったかというと、成分や効能が近いフィナステリド(プロペシアジェネリック)がAGA治療薬として先に認可を受けたことで、商業的に成功が期待できないと判断されて申請を途中棄権したのが理由のようです。

ザガーロについての詳細はこちら

この記事の執筆者

リブラクリニック 目黒院 院長 日高 士郎

昭和29年、鹿児島県出身。昭和63年に医学博士取得。
平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適正治療に多数貢献。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。