デュタステリド(ザガーロジェネリック)の期待される発毛の変化

デュタステリド(ザガーロジェネリック)の期待される発毛の変化

デュタステリド(ザガーロジェネリック)の期待される発毛の変化

デュタステリド(ザガーロジェネリック)は、プロペシアの主成分フィナステリドと同様に、AGAの原因である5α-還元酵素を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質の生成を抑える効果があります。

この5α-還元酵素を阻害する作用はフィナステリド(プロペシアジェネリック)と同様ですが、5α-還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類がありフィナステリドがⅠ型の5α-還元酵素のみを阻害するのに対し、デュタステリド(ザガーロジェネリック)はⅠ型とⅡ型の5α-還元酵素の両方を阻害する効果があるので、AGA治療において、フィナステリドに比べて約1.5倍の発毛を促す効果があるといわれています。

また、デュタステリド(ザガーロジェネリック)は半減期(薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間)が大変長く、2週間ほどあるといわれているのに対し、フィナステリド(プロペシアジェネリック)の半減期は約6~8時間といわれていて、このため継続的に服用することでデュタステリド(ザガーロジェネリック)は血中濃度のDHT抑制濃度がフィナステリド(プロペシアジェネリック)よりも、より一定に保たれるので、このこともデュタステリド(ザガーロジェネリック)がフィナステリドより効果が高くなっていると考えられます。

プロペシアで効果をいまひとつ実感ができなかったという方は、一度デュタステリド(ザガーロジェネリック)を試されてみることで、薄毛改善の効果が高まる可能性があります。

デュタステリド(ザガーロジェネリック)はザガーロのジェネリック薬(後発品)なので、ザガーロよりも安価で購入でき、継続して服用するのにもお求めやすいお薬となっています。

デュタステリド(ザガーロジェネリック)についての詳細はこちら

この記事の執筆者

リブラクリニック 目黒院 院長 日高 士郎

昭和29年、鹿児島県出身。昭和63年に医学博士取得。
平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適正治療に多数貢献。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。