デュタステリド(ザガーロジェネリック)の歴史

デュタステリド(ザガーロジェネリック)の歴史

デュタステリドの歴史

デュタステリド(ザガーロジェネリック)の歴史

デュタステリド(ザガーロジェネリック)は、テストステロンからのジヒドロテストステロンの生成の5a-還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を阻害する薬です。前立腺肥大症の治療に使用されていましたが、日本と韓国では男性型脱毛症の治療の薬として処方されています。日本での商品名はアボルブ(前立腺肥大症)、ザガーロ(男性型脱毛症)などがあります。

日本と韓国では、デュタステリド(ザガーロジェネリック)が男性における男性型脱毛症の治療薬として承認されています。(世界中で男性型脱毛症の適応承認を受けているのは、この2か国のみとなります

保険適用はされていないので患者様自身がすべての金額を支払う、自由診療のみの処方となります。

女性には承認されていませんので服用することはできません。

当院では【meiji seikaファルマ株式会社】【東和薬品】【沢井製薬】のデュタステリドを取り扱っております。

抜け毛の防止効果はプロペシア(フィナステリド)を上回ることが確認されており、プロペシアでは不十分だった増毛効果が期待できます。ただし毛根が失われた箇所からの発毛はありません。増毛効果は、毛が長く太くなることと、単一毛根から複数の毛が生えることによります。よって、円形脱毛症等の脱毛症にも効果がないといわれています。

また20歳未満の方は、安全性および有効性は確立されていないので、デュタステリド(ザガーロジェネリック)の処方はできません。

デュタステリド(ザガーロジェネリック)についての詳細はこちら

デュタステリド(ザガーロジェネリック)の承認時期

2001年11月、米国で、前立腺肥大症治療薬として承認される。

2009年7月、日本で厚生労働省が前立腺肥大症治療薬として承認される。

2015年9月、日本で男性型脱毛症治療薬として承認される。

この記事の監修者

プロフィール

昭和58年3月|東海大学医学部卒業、十仁病院皮膚科、慶和病院副院長を務め、平成16年リブラクリニック目黒院入局、平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適性治療に多数貢献。昭和64年に医学博士取得。
座右の名は「努力こそ金なり」、趣味は釣り。

専門クリニックで安心のED治療

EDでお悩みの方は全国にたくさん居られます。「自分だけかも…」と一人で悩む必要はありません。当院の医師はあなたのEDの原因究明と適切なアドバイス、治療薬の処方でED解決を親身になってお手伝いします。当院では、ED治療20年の実績から多くの患者様に喜びの声をいただいております。

受付

安心・安全かつ確実にED治療を受けるためにも是非リブラクリニックへご来院ください。「男性スタッフ一同、お待ちしております!」

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。