デュタステリドの併用禁忌

デュタステリドの併用禁忌

デュタステリドの併用禁忌

デュタステリドの併用禁忌

ザガーロであるデュタステリドは主にCYP3Aで代謝されています。

併用注意(併用に注意すること)

薬剤名等臨床症状・措置方法機序・危険因子
CYP3A4阻害作用を有する薬剤
リトナビル等
これらの薬剤との併用により本剤の血中濃度が上昇する可能性がある。CYP3A4による本剤の代謝が阻害される。

CVP3A阻害作用を有する薬剤

(1)In vitro試験において、デュタステリドに酸化的代謝はCV3A阻害作用を有するケトコナゾールによって阻害された。

(2)CYP3A4阻害薬とデュタステリドの薬物相互作用試験は失しされていないが、前立腺肥大症患者を対象とした臨床試験での母集団薬物動態解析の結果、ベラパルミ塩酸塩又はジルチアゼム塩酸塩との併用によりデュタステリドのクリアランスが低下した(外国人データ)。

その他の薬剤

デュタステリド0.5mgあるいは5mg(※)と、コレスチラミン、ワルファリ、ジゴキシン、タムスロシン塩酸塩、テラゾシン塩酸塩との併用において薬物相互作用は認められない(外国人データ)。

※本財に承認用量は1日1回0.1又は0.5mgである。

デュタステリドについての詳細はこちら

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。