バルデナフィル(レビトラジェネリック)とお酒

バルデナフィル(レビトラジェネリック)とお酒

バルデナフィルとお酒

バルデナフィル(レビトラジェネリック)とお酒

バルデナフィル(レビトラジェネリック)を服用したにもかかわらずあまり効果が感じられなかったという問い合わせをいただくことがよくあります。

お話を聞くと、「バルデナフィル(レビトラジェネリック)を服用する前にお酒を飲んでいた」という方が多く、飲酒が原因でバルデナフィル(レビトラジェネリック)の効果が感じられなくなったのではないかと考えられます。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)などのED治療薬は、血管が拡張し、血流が良くなるためアルコールの回りが良くなり、とても酔いやすくなります。普段であればどうということのない量のお酒でも酔っ払ってしまう可能性が高くなるため注意が必要です。特にお酒の弱い方は可能な限り控えたほうがよいでしょう。

さらに、頭痛や動悸が激しくなるなどの副作用が大きくでてしまうこともありますので注意しなくてはなりません。

また、過度のアルコール摂取は勃起機能を低下させます。しかし、バルデナフィル(レビトラジェネリック)とお酒を併用することがダメなわけではありません。バルデナフィル(レビトラジェネリック)はバイアグラと比べるとお酒の影響を受けにくいお薬になりますので、深酒でなく程よい飲酒であればお酒のリラックス効果によってよりバルデナフィル(レビトラジェネリック)の効能を感じることができることもあります。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)を服用する際、その前後の時間帯はお酒を控えると効果が出たという声もよくいただきます。
バルデナフィル(レビトラジェネリック)の効果がイマイチだと感じている方は、服用されているタイミングを変えてみたり、飲酒の量を少量にして服用されることによって改善がみられるかもしれません。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)についての詳細はこちら

この記事の執筆者

リブラクリニック 目黒院 院長 日高 士郎

昭和29年、鹿児島県出身。昭和63年に医学博士取得。
平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適正治療に多数貢献。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。