シアリスと背部痛や筋痛や四肢痛

シアリスと背部痛や筋痛や四肢痛

シアリスと背部痛や筋痛や四肢

シアリス(タダラフィル)の副作用の頭痛や顔のほてりといった副作用は他のED治療薬よりも少ないですが、背部痛、筋痛、四肢痛などの副作用はシアリス(タダラフィル)だけに起こる固有の副作用です。

具体的には、腰、でん部、太ももの裏、ふくらはぎなどに痛みや不快感がおきます。

これは内服の12~24時間後に現れ、48時間以内に収まることが多いです。

副作用は時間の経過とともに改善しますが、背部痛がひどい場合は市販の痛み止めを服用するといいでしょう。

このような副作用でお悩みの方はシアリス(タダラフィル)の服用容量を減らすと改善するので試してみてください。または他のED治療薬、バイアグラ(シルデナフィル)、バルデナフィル(レビトラジェネリック)を試してみてもいいでしょう。

ただし、筋肉系の副作用は発症率が低く、症状も軽いことが多いのでさほど気にすることではありません。

当院では国内正規品のシアリス【日本新薬】を取り扱っております。

シアリスの副作用についてはこちら

この記事の執筆者

リブラクリニック 目黒院 院長 日高 士郎

昭和29年、鹿児島県出身。昭和63年に医学博士取得。
平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適正治療に多数貢献。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。