バルデナフィル(レビトラジェネリック)の通販と購入と価格

バルデナフィル(レビトラジェネリック)の通販と購入と価格

バルデナフィル(レビトラジェネリック)の通販と購入

最近ではインターネットでED治療薬を通販しているサイトが増え、そこからバルデナフィル(レビトラジェネリック)を購入しているという話を聞きますが、日本ではバルデナフィル(レビトラジェネリック)を始めとする全てのED治療薬は「処方薬」です。処方薬とは、医者が処方する医薬品、あるいは医師が処方箋で指定し薬剤師によって調剤される医薬品のことをいいます。

つまり、ED治療薬は医師の診察を受けない限り処方する事が出来ない薬です。

通販サイトで販売しているED治療薬は個人輸入代行業者を利用し海外から薬を輸入し、手に入れている不正規ルート(医療機関以外)で入手したED治療薬の可能性が非常に高いです。しかも、その半数以上は偽造品であるという調査結果がでています。また、個人輸入代行業者はその名の通り、薬の輸入を代行しているにすぎませんから、もしその薬が偽造品だったとしても責任を問うことはできず、全てが購入した方の自己責任になります。

ED治療薬の偽造品は、効果が認められないばかりでなく、健康被害にあう可能性も高く、死亡例もあります。しかも、ED治療薬の偽造品は一見本物と区別が出来ないほど精巧に作られているものがほとんどなので、本物かどうかを確認する為には成分鑑定などに出すしか手がありません。

ED治療薬の正規品と偽造品

万が一本物だったとしても、ED治療薬には併用禁忌の薬があり併用すると命に関わる場合もあります。また、一度に服用していい錠数も決まっています。そのため、医師の診察を受けずにED治療薬の購入や服用はとても危険といえます。

通販サイトでED治療薬を購入するのは、医療機関から処方されるよりも安くすみ、診察などのわずらわしさもなくいいと思われている方もいらっしゃると思いますが、上記の様な多くのリスクがありますので、医療機関を受診して正しいED治療薬の知識を得た上でご購入ください。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)通販サイトの危険性と価格

個人輸入の通販サイトではバルデナフィル(レビトラジェネリック)の50mgや100mgを扱っているのを目にします。

国内で承認されているバルデナフィル(レビトラジェネリック)は「20mg」が最大となります。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)20mgは当院で1錠あたり1,800円の価格ですが、個人輸入のサイトでは100mgのバルデナフィル(レビトラジェネリック)が1,500円程度の価格で取引されているのが現状です。有効成分からみるとバルデナフィル20mgよりもバルデナフィル100mgの方がお得感が強く、そちらを試してみたいという方が多いことでしょう。

ただし、バルデナフィル(レビトラジェネリック)は20mgまでが正規品で、それより大きい容量のバルデナフィル(レビトラジェネリック)は確実に偽造品であると言えます。決して服用しないでください。

偽造バルデナフィル(レビトラジェネリック)の製造現場

偽造バルデナフィル(レビトラジェネリック)の製造現場は、下記の写真のようにとても不衛生で、そこで製造された錠剤には不純物が混入する可能性が大変高く、品質管理もなされていないのが現状です。

偽造バルデナフィルの製造現場

偽造バルデナフィル(レビトラジェネリック)の錠剤は、品質管理されていない場所(アパートの一室等)で ボトルに詰められていたり、適当なポリ袋などにバラで入って送られてきたりします。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)の偽造品を購入してしまい、お金だけでなく健康も阻害されたら、たまったものではありません。バルデナフィル(レビトラジェネリック)は必ず正規品(純正品)をご購入ください。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)の購入につきましてはお近くの病院、医院、クリニックにて処方されることをお勧めいたします。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)についての詳細はこちら

この記事の執筆者

リブラクリニック 目黒院 院長 日高 士郎

昭和29年、鹿児島県出身。昭和63年に医学博士取得。
平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適正治療に多数貢献。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。