ザガーロは献血できない

ザガーロは献血できない

ザガーロは献血できない

ザガーロは献血できない

ザガーロの成分、デュタステリド(ザガーロジェネリック)を含む血液を女性や未成年に輸血する可能性があるため、献血をすることはできません。

ザガーロは、AGA治療薬としてはとても有効ですが、女性が服用することはもちろん、触ることも禁止になっています。その理由としては、もし、その女性が妊娠をしていた場合、 胎児の生殖器の形成・発育にかかわることがあり、健全な成長の阻害となってしまう可能性があるからです。 (ザガーロは経皮吸収される、つまり皮膚からも吸収される可能性もあるので触れることも禁止となっています。) また、ザガーロの成分は、半減期(最高血中濃度から半分になるまでの時間)が長いため、 完全に血中から成分がなくなるまでは、献血はできないのです。

6ヶ月服用時に血中からほぼ無くなるのに必要な時間(参考)

0.1mg3ヶ月
0.3mg5ヶ月
1.0mg6ヶ月

以上のようなことから、もし、献血をする際には、最低でも6か月以上服用を止める必要があります。 献血等を行う際にも必ず医師の指示に従うようにしてください。

ザガーロについての詳細はこちら

この記事の執筆者

リブラクリニック 目黒院 院長 日高 士郎

昭和29年、鹿児島県出身。昭和63年に医学博士取得。
平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適正治療に多数貢献。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。