バイアグラの効果的な使い方

バイアグラの効果的な使い方

バイアグラの効果的な使い方

バイアグラの効果的な使い方

バイアグラは性的刺激に反応して起こる勃起機能をサポートするお薬です。性的刺激を与える→勃起する」というのが作用の基本ですので、効き始めてると感じたらペニスに刺激を加えて下さい。

最も効果的なのは空腹時の服用ですが、食事をした後に飲むという場面は十分にあり得ると思います。その場合は食後1時間以上あけて服用して下さい。

また、お酒との併用は禁忌ではありませんが大量のアルコールは勃起力を弱めます。お酒と併用する場合はアルコールの摂取量を少量にしないと十分な効果は得られません。

バイアグラ服用のタイミング

バイアグラの服用タイミング

バイアグラ服用の注意点

バイアグラには「25mg」と「50mg」の2種類の錠剤があり、1回に服用できる量は医師に指示された25mg、または50mg までです。

絶対にそれ以上飲んではいけません!

自分で判断して処方された量以上を飲んでも効果の増大は望めず、かえって新たな副作用が出現したりその程度が強くなることがあります。

1日1回までの服用回数を守って、次に飲むときは24時間以上あけてください。
必ず医師の処方に従って服用しましょう。

バイアグラについての詳細はこちら

食事の影響を受けにくいED治療薬

バイアグラは食事の影響を受けやすいED治療薬ですが、ED治療薬の中には食事の影響を受けにくいタイプのお薬もあります。

「バルデナフィル(レビトラジェネリック)」

バルデナフィル(レビトラジェネリック)はバイアグラに比べ食事の影響も受けにくいので食後に服用しても問題ありません。「標準的な食事なら影響を受けない」(一般男性の標準的な食事は一食約700kcal)と謳われています。しかし、補足で「総エネルギーに占める脂肪の割合が30%」とありますので、脂っこい食事の後に服用すると効果に影響が出てしまいます。バルデナフィル(レビトラジェネリック)を服用する前に食事を取るのであれば、なるべく脂肪分を落としたさっぱりとした食事をするように心がけましょう。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)についての詳細はこちら

「シアリス」

シアリスは、3つあるED治療薬の中で、最も食事の影響を受けにくいとされています。メーカーが発表している目安(800kcal)までの食事であれば影響を受けません。しかし、シアリスは服用後、約36時間と長時間の効果が続くED治療薬のため、性行為の前に慌てて服用するのではなく、事前の空腹時に服用するのがおススメです。

シアリスについての詳細はこちら

この記事の執筆者

リブラクリニック 目黒院 院長 日高 士郎

昭和29年、鹿児島県出身。昭和63年に医学博士取得。
平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適正治療に多数貢献。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。