【医師監修】シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の効果的な使い方

【医師監修】シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の効果的な使い方

本記事はED治療の専門医院として20年以上の実績がある、リブラクリニックが制作したものです。

シルデナフィル(バイアグラジェネリック)をお求めの方は、お気軽にオンライン診療をお申し込みください。個人輸入などで起こる偽物のリスクはありません。来院不要でかかる費用はお薬代のみです。

シルデナフィル(バイアグラジェネリック)

当院では、国内正規品の東和薬品株式会社、富士化学工業株式会社のシルデナフィル(バイアグラジェネリック)を取り扱っております。

シルデナフィル(バイアグラジェネリック)はED治療薬の一種です。ED治療薬を検討している方のなかには、「シルデナフィルとバイアグラは同じなのか?」「効果に違いはあるのか?」と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

シルデナフィルがバイアグラのジェネリック医薬品だと知っていても、特徴や効果の違いまで理解している方は多くありません。

この記事では、シルデナフィルの特徴や効果、バイアグラとの違いを紹介します。

効果的な飲み方や服用時の注意点にもふれているため、シルデナフィルの購入を検討している方はぜひご覧ください。

この記事の監修者

プロフィール

昭和58年3月|東海大学医学部卒業、十仁病院皮膚科、慶和病院副院長を務め、平成16年リブラクリニック目黒院入局、平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適性治療に多数貢献。平成5年に医学博士取得。
座右の名は「努力こそ金なり」、趣味は釣り。

目次※知りたい情報をクリック

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の要点まとめ

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の要点まとめ

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)とは?

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)とは、厚生労働省から認められた正規のバイアグラジェネリック医薬品です。

    バイアグラの主成分はシルデナフィルであり、ジェネリック医薬品「シルデナフィル」の薬品名はこの成分名から採用されています。

    日本では1999年にバイアグラが厚生労働省から認可されましたが、開発元のファイザー社の特許は2014年に満了しました。

    それ以降は要件を満たせば、他の製薬会社でもバイアグラジェネリックを製造販売できるようになりました。
    それに伴い、2021年9月より製造販売元はヴァトリス製薬に移管されました。

    ジェネリック(後発)医薬品とは、先発医薬品の特許が切れたあと、先発医薬品と同じ有効成分を使って、効能・品質・安全性などを同一に製造したものです。

    新薬の開発と同様、厳しい試験を通過したうえで、厚生労働省の認可を得てから製造販売に至ります。

    ジェネリック医薬品は新薬より研究や試験の工程が少ない関係上、開発費を大幅にカットしたり、開発期間を短縮したりすることができます。

    これはシルデナフィル(バイアグラジェネリック)も例外ではありません。

    一般的にジェネリック医薬品は先発医薬品と比べて40~80%ほど価格が抑えられており、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は先発医薬品と比較すると安価で購入できます。

    リブラクリニックでは「富士化学工業株式会社」と「東和薬品株式会社」のシルデナフィル(バイアグラジェネリック)を処方しています。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)

    富士化学工業株式会社のシルデナフィル錠25mg・50mgVI「FCI」は、どちらも色や形状が先発のバイアグラと似ていることが特徴です。バイアグラの服用経験があれば、同じ感覚で服用できます。

    また、25mgなら1錠あたり450円と非常に安いため、ED治療薬を試してみたいという方にもおすすめです。

    一方、東和薬品株式会社のシルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」は、水なしで手軽に服用できるOD錠です。レモン風味またはコーヒー風味がついているため、薬独特の苦みもありません。

    なお、その他のシルデナフィル(バイアグラジェネリック)として、インド製の「カベルタ」や「カマグラ」が存在します。

    これらはインターネット通販などから個人で輸入できるものですが、日本では承認されていない薬です。リブラクリニックでも取り扱いはありません。

    特に、インターネット通販で個人輸入できるED治療薬には偽物が多く、偽物と本物の違いを見分けるのは非常に難しいです。

    また、製造環境も劣悪なケースが多いため、医師の処方なしでの購入は推奨されていません。

    インド製のシルデナフィルについて詳しくは、以下の記事をご参照ください。

    カベルタの詳細はこちら
    カマグラの詳細はこちら

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の効果

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の効果は、性的刺激や興奮によって起こる勃起機能のサポートです。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)には、体内の酵素であるPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)と呼ばれる陰茎海綿体に豊富に存在する酵素を阻害する働きがあります。

    PDE-5は、血管拡張を促すcGMPを分解する働きを持つため、体内でPDE-5が優位になると性的刺激や興奮を感じても勃起機能が正常に働きません。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を飲むと体内のPDE-5の活性が抑えられ、性的刺激や興奮を感じた際に陰茎周辺で血管拡張が起こりやすくなります。

    陰茎に多くの血液が送られると勃起が起こりやすくなり、結果として正常な勃起や勃起の維持が可能となります。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の効果的な飲み方

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は医師の指示や正しい用法・用量を守って服用することで、初めて効果を発揮します。

    ここからは、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を正しく機能させるための効果的な飲み方を紹介します。

    服用するタイミング

    効果は5時間ほど持続しますが、効き目が現れるまで30分~1時間程度かかるので、性行為の1時間前を目安に服用してください。

    また、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は食事の影響を受けやすいので、きちんと効果を発揮させるためには、空腹時(食前)に服用するのがベストです。あとで食事をとる場合、服用から1~2時間以上空けるようにしましょう。

    どうしても食後にしか飲めない場合、食後1時間以上空けて服用してください。

    シルデナフィルの服用タイミング

    胃に消化されていない食べ物が残っていると、有効成分の吸収が阻害されるので、薬の効果が半減もしくはゼロになってしまう可能性もあります。

    もし、食事の影響を受けにくいED治療薬を探しているなら、シアリスや、タダラフィル(シアリスジェネリック)、バルデナフィル(レビトラジェネリック)がおすすめです。

    バルデナフィル(レビトラジェネリック)の場合は、食事中に占める脂質の割合を30%以内に抑えることで、食事の影響を受けないといわれています。

    1日1回服用し24時間以上時間を空ける

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は1日1回の服用を守り、次回服用する際は24時間以上の間隔を空けてから服用するようにします。

    服用する際は、医師が指示している用量(25mgまたは50mg)を必ず守ってください。それ以上の量を服用しても、薬の効果が上がることはありません。

    服用間隔を空けずに1日1回以上シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を飲むと、過剰摂取となり副作用のリスクのみが増大します。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の副作用

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は安全性が確認されている薬ですが、場合によっては副作用が起こる可能性もあります。

    症状は服用後30~40分程度で起こりますが、それと同時に薬の効果も現れてきます。つまり、副作用が出ることは、薬が効いている証拠といえるでしょう。

    副作用と一口にいってもさまざまですが、特に発生しやすい症状は以下のとおりです。

    • 顔のほてり
    • 目の充血
    • 鼻づまり
    • 頭痛
    • 下痢
    • 軽い色覚変化

    「顔のほてり」が出た場合の対処法

    顔のほてりは顔周辺の血管が拡張することによって起こり、同時に紅潮が見られる場合もあります。

    特別な対処をしなくても自然に治まりますが、気になる場合は室温を涼しく感じる程度に調整し、顔や体を冷やしましょう。顔のほてりを早く引かせたいときは、性行為を中断して休憩を取るとよいでしょう。

    「目の充血」が出た場合の対処法

    目周辺の血管拡張により、目の充血が起こる場合があります。目の充血は、網膜色素変性症など遺伝性の病気を抱えている方でなければ問題ない場合がほとんどです。

    一部では、シルデナフィルの成分を摂取することで非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発症が懸念されていますが、現在の医学では相関関係が示された報告はありません。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)で目の充血が見られた際は性行為を中断し、症状が落ち着くまで休憩しましょう。今後の服用が不安な場合は医師へ相談することをおすすめします。

    「鼻づまり」が出た場合の対処法

    鼻づまりは、顔周辺の血管拡張により鼻粘膜が腫れることで起こります。鼻血が出てしまう場合もあるため、鼻づまりの副作用が見られた際は性行為を中断し、休憩を取りましょう。

    鼻づまりの副作用を早く引かせたい場合、点鼻薬を備えておくことをおすすめします。

    「頭痛」が出た場合の対処法

    頭痛は頭部の血管が拡張し、血管周辺の神経が刺激されることで起こります。症状は軽い場合が多く、特別な対処をしなくても自然に治まります。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)で頭痛が見られ、症状が長引く際は、性行為を中断して休憩を取るとよいでしょう。痛みが強い場合は市販の頭痛薬を服用しても問題ありません。

    「下痢」が出た場合の対処法

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の作用により内蔵周辺の筋肉が弛緩すると、下痢や胃の不快感、胸やけや胃食道逆流症など胃腸機能に付随するさまざまな症状が出ることがあります。胃腸が弱い方の場合は腹痛や消化不良も起こりやすいでしょう。

    これらの副作用は重篤な病気につながることはないため心配はいりませんが、症状が見られた際は落ち着くまで性行為を中断し、休憩を取るようにしましょう。

    「軽い色覚変化」が出た場合の対処法

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の作用により目周辺の血管が拡張すると、視界にフィルターがかかったように見える彩視症(色視症)の症状が現れる場合があります。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の効果発現とともに視界が青っぽく見えたり、青いものの鮮やかさが増したように見えたりしたら、軽い色覚変化の副作用が出ている状態です。

    色覚変化は特別な対処をしなくても自然に治まるケースが多いため、心配せずに症状が落ち着くまで休憩を取るようにしましょう。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)とバイアグラとの違い

    ここからは、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)とバイアグラにどのような違いがあるのか、成分・形状やコーティング・価格の3点で比較していきます。

    効果や種類はバイアグラと同等

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)はバイアグラと同様に、有効成分に「シルデナフィルクエン酸塩」を含んでいます。

    薬としての効果は先発のバイアグラと同じで、服用後約1時間で効果が現れ、効果は4~5時間にわたって持続します。

    また、錠剤の種類もバイアグラと同様に、有効成分量が25mgと50mgの錠剤や、水なしで服用できるOD錠などが製造販売されています。

    価格の違い

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)とバイアグラの大きな違いに価格が挙げられます。

    バイアグラ(50mg)の相場は1錠あたり1,500円前後ですが、バイアグラジェネリックなら同じ用量で1錠あたり900円~1,000円(約40%ほど安い)となっています。

    さらに、25mgあたりなら450円と、50mgよりも安い価格(約65%ほど安い)で購入することが可能です。

    このような価格差があっても効果や安全性は同一なので、コストパフォーマンスの観点から考えても、バイアグラジェネリックは有用といえるでしょう。

    種類シルデナフィル
    (バイアグラジェネリック)
    バイアグラ
    25mg450円1,300円
    50mg900円~1,000円1,500円

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)とその他ED治療薬の比較

                   
    バイアグラ
    シルデナフィル錠
    (バイアグラジェネリック)
    レビトラ(国内販売終了)
    バルデナフィル錠
    (レビトラジェネリック)
    シアリス
    タダラフィル錠
    (シアリスジェネリック)
    有効成分 シルデナフィルクエン酸塩 塩酸バルデナフィル水和物 タダラフィル
    錠剤の形状 【バイアグラ】
    25mg バイアグラ25mg錠剤(表)の画像バイアグラ25m錠剤(裏)の画像
    50mg バイアグラ50mg錠剤(表)の画像バイアグラ50mg錠剤(裏)の画像

    【シルデナフィル】
    25mg シルデナフィル25mg錠剤FCI(表)の画像シルデナフィル25mg錠剤FCI(裏)の画像
    50mg シルデナフィル50mg錠剤FCI(表)の画像シルデナフィル50mg錠剤FCI(裏)の画像
    50mg シルデナフィル50mg錠剤トーワ(表)の画像シルデナフィル50mg錠剤トーワ(裏)の画像
    【バルデナフィル】
    10mg バルデナフィル10mg錠剤トーワ(表)の画像バルデナフィル10mg錠剤トーワ(裏)の画像
    20mg バルデナフィル20mg錠剤トーワ(表)の画像バルデナフィル20mg錠剤トーワ(裏)の画像
    10mg バルデナフィル10mg錠剤サワイ(表)の画像バルデナフィル10mg錠剤サワイ(裏)の画像
    20mg バルデナフィル20mg錠剤サワイ(表)の画像バルデナフィル20mg錠剤サワイ(裏)の画像
    【シアリス】
    10mg シアリス10mg錠剤(表)の画像シアリス10mg錠剤(裏)の画像
    20mg シアリス20mg錠剤(表)の画像シアリス20mg錠剤(裏)の画像

    【タダラフィル】
    10mg タダラフィル10mg錠剤トーワ(表)の画像タダラフィル10mg錠剤トーワ(裏)の画像
    20mg タダラフィル20mg錠剤トーワ(表)の画像タダラフィル20mg錠剤トーワ(裏)の画像
    10mg タダラフィル10mg錠剤サワイ(表)の画像タダラフィル10mg錠剤サワイ(裏)の画像
    20mg タダラフィル20mg錠剤サワイ(表)の画像タダラフィル20mg錠剤サワイ(裏)の画像
    料金 25mg:450円~
    50mg:900円~
    バイアグラの料金について
    10mg:1,400円
    20mg:1,600円
    バルデナフィルの料金について
    10mg:1,300円~
    20mg:1,400円~
    シアリスの料金について
    服用方法 性行為の45分~1時間前 性行為の30~1時間前 性行為の1~3時間前
    効果が最大になる時間 服用後1時間程度 服用後45分~1時間程度 服用後2.5~3時間程度
    平均継続時間 4時間(25mg)
    5時間(50mg)
    4時間~5時間(10mg)
    7時間~9時間(20mg)
    24時間(10mg)
    36時間(20mg)
    食事の影響 食事と一緒に服用すると効果が半減するので空腹時服用。
    食事の1時間以上前、食後は2時間以上空けての服用がおすすめ。
    バイアグラと食事の影響について
    食事の影響は少ないが、油っぽい食事の場合はやや効果が下がるため間隔をあけての服用がおすすめ。
    バルデナフィルと食事の影響について
    食事の影響は最も受けにくい。但し、グレープフルーツジュースとの相性が悪いため注意が必要です。
    シアリスと食事の影響について
    お酒の影響 飲酒時の内服は可能ですが、ほてりや血圧低下などが起きやすくなるうえ、アルコール自体が勃起を低下せるため過度の飲酒は控えてください。
    バイアグラとお酒の影響について
    飲酒時の内服は可能ですが、ほてりや血圧低下などが起きやすくなるうえ、アルコール自体が勃起を低下せるため過度の飲酒は控えてください。
    バルデナフィルとお酒の影響について
    飲酒時の内服は可能ですが、ほてりや血圧低下などが起きやすくなるうえ、アルコール自体が勃起を低下せるため過度の飲酒は控えてください。
    シアリスとお酒の影響について
    副作用 顔のほてり、目の充血、鼻づまり、頭痛
    バイアグラの副作用について
    顔のほてり、目の充血、鼻づまり、頭痛
    バルデナフィルの副作用について
    顔のほてり、鼻づまり、頭痛、消化不良、
    背部痛
    シアリスの副作用について
    併用禁忌薬 ニトログリセリン等の硝酸剤及び
    NO供与剤、アミオダロン塩酸塩
    sGC刺激剤、チトクロームP450
    3A4誘導薬、降圧剤
    バイアグラの併用禁忌薬について
    ニトログリセリン等の硝酸剤及び
    NO供与剤
    リオシグアト、CYP3A4を阻害する薬剤、
    クラスⅠA抗不整脈薬、抗ウイルス薬
    バルデナフィルの併用禁忌薬について
    ニトログリセリン等の硝酸剤及び
    NO供与剤、sGC刺激剤、CYP3A4阻害剤、
    α遮断剤、降圧剤
    シアリスの併用禁忌薬について
    特徴 世界で一番最初に開発されたED治療のパイオニア。知名度もあり根強い人気がある。 レビトラは国内販売終了になっており、ジェネリック版のバルデナフィルのみが流通している。ED治療薬の中で、即効性の高さが特徴的 他のED薬と比較して、長時間効果が続く。食事の影響を受けにくい。副作用の発現率も少ない。世界シェア第1位
    製薬会社 ヴィアトリス製薬株式会社
    富士化学工業株式会社
    東和薬品株式会社
    東和薬品株式会社
    沢井製薬株式会社
    日本新薬株式会社
    東和薬品株式会社
    沢井製薬株式会社
    添付文章 バイアグラ添付文章バルデナフィル添付文章 シアリス添付文章
    オンライン処方はこちら オンライン処方はこちら オンライン処方はこちら

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の処方・購入方法について

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)はバイアグラと同じ効果でありながら、安価に購入できるED治療薬です。

    「ED治療薬にかかる料金を抑えたい」「できるだけ継続してED治療を成功させたい」と考える方にとって、頼もしい選択肢といえるのではないでしょうか。

    ここからは、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の購入方法を紹介します。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の処方は医師の診察が必要

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を購入するには、必ず医師の処方が必要です。

    正規品のシルデナフィル(バイアグラジェネリック)は医師の診察を受け、処方箋を出してもらってからでないと薬局でも販売ができません。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の取り扱いがある薬局でも、処方箋なしでは購入できないため注意しましょう。

    しかし、医師の診察を受けるにあたり、プライベートな事情や悩みを相談することに抵抗を感じる方もいるでしょう。

    リブラクリニックでは以下のような環境を整え、患者のプライバシーに考慮した診察を重要視しています。

    • 男性スタッフのみで対応
    • 診察後は院内処方が可能
    • 自由診療につき受診履歴が残らない

    リブラクリニックの特徴はこちら

    また、リブラクリニックでは実際に来院することが難しい患者様のために、オンライン処方も対応しています。
    初診の方であっても診察可能となっており、薬の受け取りに実際に来院いただく必要もありません。

    オンライン処方の詳細はこちら

    通販・インターネットでの購入は注意が必要

    通販やインターネットからは、医師の処方なしにシルデナフィル(バイアグラジェネリック)を購入できます。

    しかし、通販やインターネットで販売されているシルデナフィル(バイアグラジェネリック)は海外製で国内未承認のものがほとんどで、なかには有効成分を含まない偽造品なども紛れ込んでいます。

    ED治療薬製造会社(4社)が合同で行なった調査によると、インターネットから購入されたED治療薬の約4割が偽造品だったという調査結果も出ています。

    “ネット入手の約4割が偽造品と判明
    日本およびタイの調査会社に依頼して発注、入手したEDの治療薬を鑑定した結果、国内外の発注分合計で約4割(40.0%、20/70)が偽造品であることが判明しました。コクアに発注分で約4割(35.6%、16/45)、タイで発注分では約5割(48.0%、12/25)が偽造品でした。
    ※本プレスリリース中の数値は、全て小数点第2胃以下を四捨五入しています。

    引用:偽造ED治療薬4社合同調査結果

    粗悪な環境の画像

    また、ED治療薬の偽造品は上記のような粗悪な環境で製造されるケースが多く、決して安全な品質管理とはいえません。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)服用における注意点

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を服用する際の注意点をまとめました。

    シルデナフィルとお酒の関係

    医薬品を服用する際はアルコールの摂取を避ける方もいるかもしれませんが、シルデナフィルとお酒においては成分が互いに作用することはありません。そのため適量であれば、シルデナフィル服用時も飲酒が可能です。

    ただし、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)服用時は、薬の作用によりアルコールが体内に回りやすい状態になっています。普段と同じ飲酒量でも酔いを感じやすくなるため、適量を超えた飲酒をしないように注意しましょう。

    厚生労働省によると、1日の飲酒量(適量)の目安は以下のとおりです。

    酒類適量の目安
    アルコール度数5%のビール500mlまで
    アルコール度数7%の缶チューハイ350mlまで
    アルコール度数15%の日本酒180mlまで
    アルコール度数43%のウイスキー60mlまで

    参照元:アルコール|厚生労働省

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を服用して過度な飲酒をすると、中枢神経の麻痺によって勃起が抑制されてしまったり、泥酔により性行為が難しくなってしまったりする可能性があります。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)とお酒の関係について詳しくは、以下の記事もご覧ください。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)とお酒について詳しくはこちら

    シルデナフィルとグレープフルーツの関係

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)をはじめとするED治療薬は、グレープフルーツとの相性が良くありません。

    グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン」は体内にある酵素の働きを阻害するため、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を服用してグレープフルーツを摂取すると、本来分解されるはずの薬の成分が分解されずに血中に取り込まれてしまいます。

    これにより、薬の作用が増強され、予期せぬ副作用のリスクが大幅に上昇します。シルデナフィル(バイアグラジェネリック)服用時は、グレープフルーツが使われた料理やスイーツ、飲み物などを摂取しないよう注意しましょう。

    なお、「フラノクマリン」を含む代表的な食べ物には、グレープフルーツ以外に以下のようなものが挙げられます。

    • ライム
    • キンカン
    • スウィーティー
    • 夏みかん
    • ハッサク
    • パセリ
    • セロリ など

    シルデナフィルを服用する際は、これらの食べ物にも注意が必要です。

    シルデナフィルと喫煙

    タバコに含まれる有害物質は、血管にダメージを与えたり、血液をドロドロにしたりして、血液の流れを悪くします。

    そのため、喫煙をすると、喫煙をしていない場合に比べて勃起(陰部に血液を送る)動作が正常に行なわれなくなる可能性があります。

    過度な喫煙により血液の流れが著しく悪くなると、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を服用しても期待するような効果が得られないこともある点に注意しましょう。

    喫煙により懸念される勃起への影響としては、以下のようなものが挙げられます。

    • 血管内皮障害による血流の悪化
    • 動脈硬化による血流の悪化
    • 交感神経が優位になることによる勃起不全
    • 男性ホルモンの分泌異常による勃起不全
    • 陰茎の海綿体組織の変化による勃起不全

    「喫煙は100害あって一利なし」ともいわれているため、男性機能に悩んでいる人はなるべく控えるようにしましょう。

    シルデナフィルは女性の服用が禁止

    ED治療薬は男性の服用を前提として製造開発されているため、女性が服用する目的で処方してもらうことはできません。

    他人からの譲渡は法律により禁止されているため、男女ともにED治療薬を他人へ譲渡しないよう注意しましょう。

    なお、女性がシルデナフィル(バイアグラジェネリック)を服用すると、全身の血管拡張により性的感度が上がるといわれることもありますが、現状では女性への効果は認められておらず、医学的な根拠もありません。

    研究が十分ではなく副作用のリスクも不明なため、女性がシルデナフィル(バイアグラジェネリック)を飲むことは非常に危険です。

    海外(おもにアメリカ)では、女性用のED治療薬としていくつかの薬剤が販売されていますが、日本では正規な流通がなく、安全に購入することができません。
    ※リブラクリニックにおいても女性用ED治療薬の取り扱いはありません。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)に関するQ&A

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)に関して、患者さんからよく寄せられる質問の内容をQ&A形式でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)とお酒は併用できる?

    適量のお酒であれば、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)と併用しても問題ありません。アルコールのリラックス作用によって気分が落ち着くので、薬の効果が現れやすくなるといわれています。

    ただし、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を服用すると、血管拡張によって血流が良くなるため、アルコールが回りやすくなる点には注意が必要です。

    普段より少ない量の飲酒でも、酔っ払ってしまうかもしれません。

    また、過度のアルコールを摂取すると、神経の働きが悪くなってしまうので、勃起機能そのものが低下してしまう可能性もあります。
    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の効果がなかなか現れない場合、服用する前後は飲酒を避けてみてください。

    シルデナフィルとお酒についての詳細はこちら

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)が効かないけどどうしたらいい?

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を服用しても効き目がないという場合、ほとんどは服用の仕方に問題があります。

    特に食事と服用のタイミングを間違えているケースが多いため、正しい知識をきちんと押さえるべきです。

    そもそもシルデナフィル(バイアグラジェネリック)は他のED治療薬と比べると、食事の影響を受けやすいという特徴があります。

    薬の効果を発揮させるためには、食前・食後1時間以上空けて服用することが重要です。

    また、EDは精神的な問題に起因して起こることも多いので、ストレスや不安を抱えている状態では、効き目が悪くなる可能性もあります。

    後日服用すると効果がしっかり現れたというケースもあるため、何度か試してみましょう。

    シルデナフィルが効かない際の詳細はこちら

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を使ってはいけない人はいる?

    持病を抱えていたり、特定の薬を服用していたりする場合、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を使えないことがあります。

    処方できない方の事例をまとめたので、下記も一緒にご確認ください。

    • シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の過敏症で既往歴がある
    • 硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤を投与している
    • 心血管系障害により性行為が不適当である
    • 重度の肝臓病を抱えている
    • 低血圧または高血圧と診断されている
    • 過去6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞で既往歴がある
    • 網膜色素変性症と診断されている

    上記以外でも、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を処方できないケースがあります。当院では処方前に診察を行なうので、病気や薬のことを必ず伝えてください。

    シルデナフィルの処方禁忌はこちら

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は飲み続けると意味がなくなる?

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は飲み続けたからといって、効果が落ちるものではないといわれています。

    そして、正しい用法・用量を守っていれば、長期にわたって服用を継続することも、毎日服用することも問題ありません。

    ただし、一度服用したら24時間以上の間隔を空けて、次の薬を服用する必要があります。

    また、ED治療薬は血管拡張作用によって血流を良くすることで、勃起機能をサポートする薬です。そのため、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の服用を継続していると、血管が健康になってEDが改善する可能性もあります。

    薬の効き目が落ちてきた、あるいは効かなくなったと感じる場合、原因として食事の影響が考えられます。

    ED治療薬は飲み続けると効果が薄れる?はこちら

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)と併用して飲んだらNGな薬は?

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の併用禁忌薬としては、ニトログリセリンをはじめとする「硝酸剤」と、6つに分類されている「抗不整脈薬」が挙げられます。

    硝酸剤は狭心症などの治療で使われるものですが、飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬など種類を問わず、すべて併用禁忌です。

    もし併用した場合、急激な血圧低下が起こって、命を落としてしまう可能性もあります。

    一方、抗不整脈薬はその名のとおり不整脈のための薬ですが、バイアグラはⅢ群に入るアミオダロン・アンカロンが併用禁忌です。

    これらを併用すると、心臓の鼓動に異常が生じてしまう可能性があります。

    その他、併用禁忌ではありませんが、爪白癬などの治療で用いる内服の抗真菌薬、HIVの抗ウイルス薬は併用注意です。

    ED治療薬と併用禁忌薬はこちら

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は保険適用される?

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)に限らず、ED治療に関する診察や検査、ED治療薬の処方には保険が適用されません。

    美容整形などと同じ「自由診療」なので、ED治療にかかる費用は患者さん側で全額負担です。

    過去にバイアグラを開発したファイザー社が保険適用を申請しましたが、厚生労働省は「ED治療薬はEDを根本的ではなく、一時的に改善する“生活改善薬”である」という理由から却下しました。

    なお、2022年の4月から不妊治療への保険適用の一環で「勃起不全による男性不妊」と診断された場合のみ、保険が適用されることになりました。

    ただし、当院では不妊治療目的でのED治療薬の処方を希望する方であっても、自費診療のみでの保険適用は行ないませんので、ご了承ください。

    ED治療を専門としている当院なら、初診料・再診料・診察料などは一切かかりません。お薬代だけでED治療薬を処方できるほか、安価なシルデナフィル(バイアグラジェネリック)も取り扱っているため、費用を抑えたい方に最適です。

    ED治療薬は保険がきかない点についての詳細はこちら

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は依存性がありますか?

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)に身体的な依存性はありません。毎日、長期間にわたって服用したとしても、体が薬剤の効果に慣れてしまったり、有効成分に耐性がついてしまったりすることはありません。

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)はあくまで、性的刺激や興奮を感じた際の血管拡張作用をサポートする薬です。

    脳や神経への作用や性欲そのものを増強させることはないため、安心して継続できます。

    ただし、EDに悩む方の場合、ED治療薬を使った成功体験(EDの克服)が要因となって、ED治療薬がないと強い不安を感じてしまう場合もあります。

    性交時における不安はEDの諸症状を悪化させるため、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)を服用する際は、薬に精神的な依存をしないようメンタル面もケアする姿勢が大切です。

    まとめ

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)は、先発のバイアグラと同じ効果や安全性を持ちながら、大幅な低価格化を実現したED治療薬です。

    当院なら1錠あたり450円から処方可能なため、ED治療の費用を抑えたい方はもちろん、ED治療薬の効果を試してみたいという方にもおすすめです。

    ただし、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)には、食事の影響を受けやすい、副作用の可能性があるなど、服用にあたって注意すべきポイントもあります。

    当院ではご来院時のプライバシーに配慮して男性スタッフのみで対応し、正しい用法・用量や服用のタイミングをきちんと指導しております。

    EDが気になる方は、オンライン処方も可能なリブラクリニックまでぜひお気軽にご相談ください。

    目黒院

    JR目黒駅から徒歩0分

    診療時間:10:00〜18:00

    新宿院

    JR新宿駅から徒歩3分

    診療時間:10:00〜19:00

    ※フリーダイヤルが繋がらない場合は固定電話におかけください。

    処方までの流れ

    • ご来院

      ご来院

      • ●予約不要
      • ●保険証不要
      • ●男性スタッフのみ
    • 受付・問診票記入

      受付・問診票記入

      • ●問診票の記入
      • ●服用中のお薬の確認
    • 診察

      診察

      • ●男性医師のみ
      • ●簡単な問診、説明
      • ●診察料は無料
    • 処方

      処方

      • ●院内にてお薬を処方
      • ●ご来院から処方まで5分

    オンライン処方

    リブラクリニックでは全国の患者様を対象に、来院される必要なく初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。

    当院での処方

    当院と他クリニックとの違い①

    当院のED治療は「診察料無料」なので、カウンセリング料や検査料などの費用をいただくことはありません。実際にかかる費用は「お薬代のみ」となります。また、全国の患者様を対象に、来院される必要なく初診・再診問わず、お電話での遠隔診察にてオンライン処方が可能です。

    当院と他クリニックとの違い②

    当院は自由診療のため、保険証に履歴が残りません。
    ご家族や会社の上司・仲間に気付かれることなく、治療を続けることができます。患者さんのプライバシーは守られているので、気兼ねなくご来院ください。

    当院と他クリニックとの違い③

    当院は「1錠」単位での処方も可能なので、必要な量だけ受け取ることができます。
    また、薬の使用期限が常に最新に保たれるよう管理をしております。当院では使用期限の迫ったお薬をサービス品やおまけとしてお客様へ提供するようなことはしていないため、高品質・安全なED治療薬をいつでも処方可能です。

    当院は「1錠単位」の処方が可能です

    クリニックによっては、一度にまとまった錠数(10錠単位など)の購入を勧めるなど、強引な診察・処方がされることもあるようです。

    当院では「1錠単位」での処方が可能ですので、450円からED治療薬の処方ができます。また、診察料は無料なので、費用を最小限に抑えられることもポイントです。

    まずは「試しにED治療薬を飲んでみたい」といった患者さんも多くいらっしゃいますので、ぜひ1錠からでもお気軽にご来院ください。

    この記事の監修者

    プロフィール

    昭和58年3月|東海大学医学部卒業、十仁病院皮膚科、慶和病院副院長を務め、平成16年リブラクリニック目黒院入局、平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適性治療に多数貢献。平成5年に医学博士取得。
    座右の名は「努力こそ金なり」、趣味は釣り。

    専門クリニックで安心のED治療

    EDでお悩みの方は全国にたくさん居られます。「自分だけかも…」と一人で悩む必要はありません。当院の医師はあなたのEDの原因究明と適切なアドバイス、治療薬の処方でED解決を親身になってお手伝いします。当院では、ED治療20年の実績から多くの患者様に喜びの声をいただいております。

    受付

    安心・安全かつ確実にED治療を受けるためにも是非リブラクリニックへご来院ください。「男性スタッフ一同、お待ちしております!」

    シルデナフィル(バイアグラジェネリック)の関連記事

    ED治療薬

    オンライン処方 料金表 目黒院 新宿院