プロスカーとは

プロスカーとは

プロスカーとは

プロスカーとは?

プロペシアを製薬しているメルク社が製薬する前立腺肥大症治療薬です。主要成分はプロペシア、プロペシアジェネリックと同じフィナステリド(プロペシアジェネリック)で、大きな違いは、プロペシア、プロペシアジェネリックは有効成分のフィナステリド(プロペシアジェネリック)を1mg含有しているのに対し、プロスカーは5mg含有しています。

フィナステリド(プロペシアジェネリックを主成分とする薬としてはプロペシアよりもプロスカーの方が早く開発・販売されていて、よくプロスカーはプロペシアのジェネリック薬だと思われている方も多いですが実際は違います。フィナステリド(プロペシアジェネリック)は前立腺肥大の薬として研究が始まり前立腺肥大症の治療薬としてプロスカーが販売されました。

そしてその研究の中で男性型の脱毛症において毛髪の成長が見られるということがわかり、その後、男性型脱毛症の治療薬としてプロペシアの販売が開始されています。

AGAの治療目的として使えるのか?

プロスカーは前立腺肥大症の治療薬のため、AGAの治療目的には処方されることはありません。しかし、プロスカーは主成分の同じプロペシア、プロペシアジェネリックに比べ主成分のフィナステリド(プロペシアジェネリック)が5倍含有されているため、錠剤を割ることによってプロスカー1錠をプロペシア4錠分として使用するとコストがかからなくなると考える人が多く、クリニックや病院での処方でなくインターネットを利用し、個人輸入で手に入れている方が多く見られます。

確かにプロスカーはフィナステリド(プロペシアジェネリック)を5mg/錠含有しているため、割って服用することによりプロペシアと同等の効果を得ることは可能かもしれません。またプロペシアを服用するよりもフィナステリド(プロペシアジェネリック)の含有率が高いプロスカーを服用する方がより効果的だと考える方も多いと思います。

しかし、このような考え方は注意が必要です!

今では、フィナステリド(プロペシアジェネリック)を有効成分とする薬よりもAGA抑制効果が得られるデュタステリド(ザガーロジェネリック)を有効成分とするAGA治療薬も処方しております。

AGAの治療目的に使った場合の危険性

プロスカー、プロペシアの主要成分のフィナステリド(プロペシアジェネリック)は男性が服用する分には問題ありません。

しかし女性、特に妊婦に対しては深刻な副作用(胎児の生殖器異常など)があるため女性の服用は禁忌とされています。

フィナステリド(プロペシアジェネリック)は服用することで人体に吸収されるだけではなく、フィナステリド(プロペシアジェネリック)に触れるだけでも皮膚などからも吸収されてしまいます。そのため錠剤を割って使用するとき、また割っているときに細心の注意が必要となります。これはプロペシアに関しても同様ですが、割っていないプロペシア錠の場合は錠剤にコーティングが施されているため、割れたり欠けたりしていなければ女性がフィナステリド(プロペシアジェネリック)に触れる心配はありません。

プロペシアよりも高濃度のプロスカーをそのまま服用することでより高い効果を得ようと思われている場合についても注意が必要です。AGAに対するフィナステリド(プロペシアジェネリック)の摂取量は1mg/日となっているため、摂取量を増やし過ぎることでリスクを高めるといわれています。

プロスカー5mgに対しては、服用することにより精子に影響を及ぼす恐れがあるという発表もあります。

偽物である危険性も

個人輸入代行業者を通じプロペシアやプロスカーを手に入れられている方はいまだに後を絶ちませんが、インターネットで販売されているAGA治療薬の約80%は偽物であるという結果が出ています。医療機関からの処方ではなく、安易な考えによるインターネットでの購入は控えたほうがいいかと思います。

偽物は効果がないだけではなく不純物混入による思わぬ健康被害を及ぼす恐れがあります。

プロペシアについての詳細はこちら

この記事の執筆者

リブラクリニック 目黒院 院長 日高 士郎

昭和29年、鹿児島県出身。昭和63年に医学博士取得。
平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適正治療に多数貢献。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。