レビトラ処方ならED治療専門のリブラクリニック

新宿院 目黒院
新宿院
目黒院
お支払

リブラクリニックTOPED治療薬レビトラ > レビトラ処方禁忌

レビトラ処方禁忌

次に該当する方はレビトラの処方ができませんのでご注意ください。

1. 硝酸剤を使用中の方

2. レビトラ錠を服用して、過敏症(アレルギー)を起こしたことのある方

3. 心血管系障害などにより、医師から性行為が不適当だと診断された方

4. 先天的に不整脈(QT延長症候群)がある方や、現在、抗不整脈薬を使用中の方

5. 最近6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こした方

6. 重い肝障害のある方

7. 血液透析が必要な腎障害のある方

8. 低血圧(最大血圧<90mmHg)の方

9. 高血圧(最大血圧>170mmHgまたは最小血圧>100mmHg)の方

10. 不安定狭心症の方

11. 抗ウイルス薬(HIV治療薬)、抗真菌薬(内服)を使用中の方

12. 網膜色素変性症(進行性の夜盲)の方

13. 女性の方

14. 小児

≪警告≫

(1)レビトラと硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を降下させることがあるので、レビトラ投与の前に硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを明確に医師に報告してください。レビトラ使用中、レビトラ使用後もそれらの薬剤が投与されていないかを報告してください。命に係る事態に陥らないためにも必ず守ってください。

(2)死亡例を含む心筋梗塞などの重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、レビトラ投与の前に、心血管系障害の有無を必ず主治医に確認しておく必要があります。