泌尿器科・皮膚科・美容外科 リブラクリニック

フィナステリドの精液への成分の移行について

プロペシアの有効成分であるフィナステリドを服用した状態で子作りをしても胎児に影響があった例はありません。

MSDの資料には「男性型脱毛症患者にフィナステリド1mgを1日1回6週間経口投与した時の精液中への移行量は極めて微量(投与量の0.00076%以下)であった。」と記されています。

1回の射精を介して女性が曝露される可能性のあるフィナステリド量が7.6ng以下ということであり、この値はアカゲザルによる投与実験の胎児に異常がなかった量の約750分の1より低い値となります。