シアリス処方ならED治療専門のリブラクリニック

新宿院 目黒院
新宿院
目黒院
お支払
シアリス

シアリスの主な特徴

シアリスについて

シアリスは服用後約30~36時間と長時間効果が持続するのが特徴ですので、性行為の前に慌てて服用する必要がありません。効果時間が長く、食事の影響をほとんど受けない自由度の高い錠剤ですので、ご自身のライフスタイルに合わせた服用が可能です。

「勃起した状態が長時間続くの?」といった質問をよく受けますが、性的刺激を受けなければ勃起することはありませんのでご安心下さい。副作用も少ないので沢山のリピーターを増やしているED治療薬です。

当院ではシアリス10mg(1錠:1,700円)、シアリス20mg(1錠:1,800円)の2種類を処方しております。

シアリス10㎎

【シアリス10mg】錠剤シート

シアリス20㎎

【シアリス20mg】錠剤シート

※当院で処方しているシアリスは日本新薬株式会社の純正シアリス(正規品)です。

【現在処方しているシアリスの消費期限】

・シアリス(10mg):2020年10月
・シアリス(20mg):2021年1月

シアリスの使用期限は箱の側面に記載がありますが、PTPシートには使用期限の記載がありません。確認したい場合は遠慮なく処方を受ける際に聞いてください。PTPシートからピルケースなどに出した場合は使用期限が短くなりますが、高温多湿を避ければ6ヵ月ほどです。

シアリスの効果

シアリスは内服後、大体30分~1時間程度で効き始め、その後36時間と長い時間効果が持続します。他のED治療薬と比べて効き始めるまでに多少時間がかかるため、性行為の約1時間前に服用しましょう。勃起自体は性的刺激に反応して起こります。また、勃起した状態が36時間続くということではありませんので ご安心下さい。

※シアリスには性欲増進や性感染症の予防には効果はありません。

シアリスは食事の影響をほとんど受けませんが、食事の直後に飲むと効果が出るまでに時間がかかります。(空腹時の服用が最も効果的です。)また、大量のアルコールとの併用は勃起力を弱めます。体が慣れてくれば少量のお酒ならシアリスと併用しても問題ありません。また、風邪気味でも服用に問題はありません。

各ED治療薬(バイアグラ・シルデナフィル・レビトラ・シアリス)の違い

それぞれのED治療薬の特徴の違いを下記にまとめております。

ED治療薬比較表

※ご不明点や、疑問点があればお気軽に下記までご連絡ください。
 男性スタッフがあなたの質問にお応えいたします。

リブラクリニック目黒院 院長 日髙 士郎

「リブラクリニック新宿院」
(フリーダイヤル0120-60-6000、または03-3355-5450

「リブラクリニック目黒院」
(フリーダイヤル0120-9999-22、または03-5424-6699

シアリスの副作用

シアリスの副作用は少ないと報告されていますが、約1~2割程度の方に「顔のほてり」「軽い頭痛」「軽い色覚変化」「消化不良」などが出る場合があります。これらの症状はシアリスの血管拡張作用によるもので、お酒を飲んだ時に顔が熱くなり赤くなるのと同じようなものです。どれも一時的な症状ですのでご安心ください。

これらの症状は頭痛薬あるいは整腸剤と一緒に飲めば防げると思います。シアリスと頭痛薬や整腸剤の併用は問題ありませんのでご安心ください。

その他のED治療薬(バイアグラ・レビトラ・バイアグラジェネリック)

バイアグラ

バイアグラは最もポピュラーで最も人気のあるED治療薬です。

レビトラ

レビトラは即効性があり、5時間~8時間効果が持続するED治療薬です。

シルデナフィルトーワ

バイアグラのジェネリック医薬品です。水なしでも服用できる「OD錠」となっています。

シルデナフィルFCI

バイアグラのジェネリック医薬品です。色や形が先発薬のバイアグラとよく似ています。

AGA治療薬(プロペシア・プロペシアジェネリック・アロビックス)

プロペシア

プロペシアは“飲む発毛剤”として最近では広く知られるようになってきました。
抜け毛、薄毛が気になりはじめたら服用するAGA治療薬です。

シルデナフィル

プロペシアのジェネリック医薬品です。

ザガーロ

2015年9月に承認された新しいAGA治療薬です。

アロビックス

プロペシアとアロビックスとの併用で
発毛効果の増強が期待されます。

よくある質問

シアリス服用の注意点

こちらのページではシアリスに関する大切な注意事項が書かれています。服用前に必ずお読み下さい。

シアリスは性的刺激があった時、自然な勃起を助ける薬です。

このページに記載された注意事項を十分ご理解の上、正しく使用してください。
ご質問や、分からないことがある場合は、医師に相談してください。

※当院は未成年の方への処方は行っておりません。

シアリスの用法

シアリスの服用は1日1回とし、次の服用は必ず24時間以上あけてください。

医師の指示なしに、自分の判断で量を増やさないで下さい。特に肝臓の悪い方や腎臓の悪い方は、医師の指示を守って服用してください。薬の効果には個人差があります。もし、指示された量で効果が得られない場合には、医師に相談してください。

シアリスは催淫剤や性欲増進剤ではありません。

シアリス服用後も、性的刺激のない状態では勃起しません。
性的刺激を受けて初めて勃起し、性的刺激が中止されれば(性行為が終了すれば)勃起はおさまります。

シアリスによって、以下の副作用の報告があります。
その多くは軽度で一過性ですが、こうした症状の他にも気になる症状がある場合には服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

・頭痛
・顔が赤くなる(ほてり)
・消化不良

また、シアリスを服用して、勃起が4時間以上続いている場合には、直ちに医師の診察を受けてください。早急に治療しないとペニスが損傷し、勃起機能を失うことがあります。

シアリスの併用禁忌薬

心臓の病気で、硝酸剤の治療を受けている方は服用しないでください。

狭心症などの心臓病によく用いられるニトログリセリンなどの硝酸剤を使用している方はシアリスを絶対に使用しないでください。急激に血圧が下降し、重い副作用を起こすことがあります。

硝酸剤には飲み薬だけではなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどもあります。あなたがお使いの薬に硝酸剤が含まれていないかどうか医師に相談してください。

もし、シアリス服用後に狭心症の発作が起きたら

発作の治療を受ける際には、必ずシアリスを「服用していること」「服用した時間」を医師にお伝えください。

一般に性行為は心臓に負担をかけますので、今まで狭心症と診断されたことがない方でも、性交中に狭心症の発作を起こす場合があります。

一般に狭心症の発作の治療には硝酸剤がよく使われますが、シアリスを服用している場合は、急激に血圧が下降するおそれのあることから、硝酸剤が使用できず、ほかの薬を使用する場合があります。

発作時にご本人が医師に伝えられない場合もありますので、パートナー、ご家族にもあらかじめシアリスを服用していることを伝え、救急医療機関を受診する際には、医師などに「シアリス錠を服用している」ことが必ず伝わるようにしてください。

シアリスを服用できない方

・今までにシアリスを服用して過敏症(アレルギー)を起こしたことのある方
・硝酸剤を使用中の方
・心血管系障害などにより医師から性行為を控えるように言われた方
・不安定狭心症のある方、または性行中に狭心症を起こしたことのある方
・最近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことのある方
・最近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を起こしたことのある方
・治療による管理のされていない不整脈の方
・低血圧の患者(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)
・治療による管理がなされていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)
・重い肝障害のある方
・網膜色素変性症(進行性の夜盲、視野狭窄)の方

次に当てはまる方は、シアリス服用に際して、必ず医師にご相談ください

・肝臓の悪い方
・腎臓の悪い方
・陰茎の病気(屈曲、しこりなど)のある方
・血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病)のある方
・血が止まりにくいなど出血性の病気のある方、または消化性潰瘍のある方
・他の勃起不全治療剤、勃起補助器具を使用している方、手術を受けたことのある方
・高齢の方
・心臓病、高血圧症、排尿障害などの治療薬を服用中の方
・過去に視力喪失の経験のある方

その他の注意点

ほかの心療科、医療機関を受診されるときは、シアリスを服用していることを申し出てください。
ほかの病気や他の薬に悪い影響を及ぼす場合があります。

シアリスには性行為感染症を防ぐ効果はありません。

シアリスを他の人に譲らないでください。

シアリスの服用は、必ず医師の診断のもとに処方を受ける必要があります。あなたに処方されたシアリスを、絶対に他の人に渡してはいけません。その人が性行為を行うことが好ましくない心臓の病気にかかっていたり、シアリスと一緒に飲むと影響のある薬を使用されている場合もあり、大変危険です。

性行為は心臓に負担をかけます。無理をしないようにしましょう。

シアリスの歴史

シアリスは2003年にアメリカにあるイーライリリー社が製造を開始して、日本では2007年7月から日本イーライリリー(後に日本新薬へ販売移管)から販売となった世界で3番目に開発されたED治療薬です。

シアリスはバイアグラやレビトラと全く違ったコンセプトで開発されています。

現在でも大きなシェアを誇るバイアグラは、服用してから作用するまでに1時間近くを要し、持続時間も4~5時間程度で、次に開発されたレビトラに関しては服用から作用するまでには時間の短縮がみられましたが、持続時間はバイアグラと同程度のものでした。

この時間制限が時として、「ED治療薬を飲んだのだから勃起しなくてはならない。」というプレッシャーになってしまうこともあります。また、バイアグラとレビトラの両薬剤ともに脂肪分の多い食事の直後に服用した場合、効果が十分に出ないことがあるので、食事の時間と性行為の時間に配慮する必要があります。シアリスは3薬の中でも一番食事の影響を受けにくく、自由度の高いED治療薬となっております。

シアリスはこういった今までのED治療薬の問題点を改善させるべく研究が進められ、開発されました。食事の影響を受けにくく、また最大36時間もの間効果が持続するため、多くの人がそれまで使っていたED治療薬からシアリスに乗り換えました。

アメリカやヨーロッパでは最大36時間という持続時間という特徴から”ウィークエンドピル“と親しみをもって呼ばれていて非常に人気が高く、フランス、スペインなどではバイアグラを超えてED治療薬の中でシェア率が1位になっているほどです。

一方、日本ではシアリスが認可されたのは2007年ですので、まだ知名度は低いですが、その他のED治療薬からシアリスに移行したり、状況に応じて複数のED治療薬を使い分ける人もいるため、シェア率は増加傾向にあります。