M字ハゲとAGA

M字ハゲとAGA

M字ハゲとAGA

たとえば朝、顔を洗っているとき、鏡に映った自分の顔を見て、「ある変化」に気づく方がいます。

─ あれ?

─ オレのおでこの上、生え際の左右が、「M字」に後退してないか?

真ん中の髪の毛はちゃんと生えているけれど、左右が少なくなったような。いや、たいして変わってはいないよな?心配する必要はないか。いやでも、やはり真ん中と比べたら、左右が数ミリ後退しているような気がする。でも、その部分も髪が生えているから大丈夫なんじゃないかな。にしても、生えている濃度が中央と違うんじゃないか?生えている毛も細くて短いし…

見つけてしまった「変化」が気になって仕方なくなり、ついには、CMなどでよく聞く、こんな言葉が頭をよぎります。

「AGA」

「M字ハゲ」

さらに、上記の言葉は知っているけれど、こんな疑問も出てくるでしょう。

「AGAって、何の略で、どういう意味?」

「M字ハゲって、どのくらい後退したら確定?」

「今、20代(30代)だけど、M字って治るの?」

「M字ハゲに効果のある治療薬は?」

「費用は?」「副作用は?」

などなど……気になり出したらキリがありません。

AGA(エージーエー)とは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopecia(アンドロジェネティック=男性型・アロペシア=脱毛症)の略です。毛髪の成長に必要な毛母細胞、毛髪を作る毛乳頭に、活性型男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が、作用することで脱毛が引き起こされます。

なぜ「M字」型に脱毛するのか?

これはDHTを過剰に生成する5a-リダクターゼという還元酵素が、M字の部分に集中していることが要因とされています。

どのくらい生え際が後退したら「M字確定」?

明確な定義はありませんが、判断するひとつの方法として「ハミルトン・ノーウッド分類」というものが、AGA審査基準のひとつになっています。生え際のM字の後退部分が、頭頂部から耳の穴を垂直に結ぶ線の前方2cmを超えているかどうかで見極めるものです。

冒頭の「あれ?」という変化に気づいた方は、ハミルトン・ノーウッド分類の「Ⅰ型」〜「Ⅱ型」の可能性があるのではないでしょうか。

M字型のAGAの変化に気づいたら、それが気になって仕方なくなったら、自分であれこれ悩んでいるより、安全・安心かつ確実に治療を受けるためにも是非、リブラクリニックへご来院ください。

AGAは早期治療が重要

AGAは早期治療が重要だと言われています。AGAは進行性のため、悩んでいるあいだにも症状が悪化していきます。「あれ?」と初期の変化に気づいた症状の軽いうちから治療をすることで、回復までの時間も短く済みます。

AGAの治療にはいくつかの種類がありますが、一般的に行われているのが、内服薬や外用薬による内科的治療(薬物治療)です。当院では数種類のAGA治療薬をご用意しています。

たとえば「ザガーロ」は、5a-リダクターゼ(AGAの要因となるDHTを過剰生成させる酵素)を阻害する治療薬です。M字に限らず、O字など、薄毛が進行しやすい部位に働きかけます。飲み始めて3か月くらいで効果が出始めますが、確認までに6か月の連続服用が必要で、その後も内服を続ける必要があります。 気になる費用については、先発薬の「ザガーロ」より安価に処方できるジェネリック医薬品「デュタステリド」もあります。

ザガーロについての詳細はこちら
デュタステリドについての詳細はこちら

M字ハゲの治療はリブラクリニック

当院では事前の予約は不要です。診察時間内にご来院いただき、問診票に治療中の病気や、今飲んでいる薬などをご記入いただいたのち、医師による問診をさせていただきますので、「費用は?」「副作用は?」といった質問も、遠慮せずご相談ください。

気になりだしたら心配で仕方なくなるM字のAGA。

不安なこと、疑問に感じたことなどは当院にご相談ください。症状に応じたご説明をさせていただきます。まずは自分だけで悩まず、一度ご来院くださることをお勧めします。

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。