加齢による衰えとED

加齢による衰えとED

加齢による衰えとED

加齢による衰えとED

年齢が高くなればなるほどEDになる確率も高くなっていきます。しかし、人間は誰しも年を重ねることをとめることが出来ません。ですからEDの症状が出たら「もう年だから仕方がない・・・。」と諦められる方がとても多いようです。確かに加齢とともにEDになる確率はあがりますが、EDを予防し改善することは十分に可能なのです。その手段としてはEDになりやすい原因を避けることです。生活習慣病や、飲酒、タバコ、ストレス、これらの様なEDの原因になるものを抑え、健康的で体調の不安のないように心がければ、60歳や70歳などの方であっても勃起状態を維持することは十分に可能なのです。

EDの症状が出たとしてもそこで諦めてしまうのではなく、それを期に医師に相談し、対策をとり、そこから今までの生活習慣などを振りかえって改善することによってEDを改善するように心がけましょう。

当院のED治療薬についての詳細はこちら

この記事の監修者

プロフィール

昭和58年3月|東海大学医学部卒業、十仁病院皮膚科、慶和病院副院長を務め、平成16年リブラクリニック目黒院入局、平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適性治療に多数貢献。昭和64年に医学博士取得。
座右の名は「努力こそ金なり」、趣味は釣り。

専門クリニックで安心のED治療

EDでお悩みの方は全国にたくさん居られます。「自分だけかも…」と一人で悩む必要はありません。当院の医師はあなたのEDの原因究明と適切なアドバイス、治療薬の処方でED解決を親身になってお手伝いします。当院では、ED治療20年の実績から多くの患者様に喜びの声をいただいております。

受付

安心・安全かつ確実にED治療を受けるためにも是非リブラクリニックへご来院ください。「男性スタッフ一同、お待ちしております!」

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。