EDのメカニズム

EDのメカニズム

EDのメカニズム

EDはいったいどのようにして起こるのでしょうか?それを知るためにはまず、男性の勃起がどのようにして起こっているのかを知る必要があります。

男性は性的刺激を受けることにより勃起をするわけですがその仕組みは、性的刺激を受けると脳からの指令でペニスの中の血管を拡張させる物質(環状グアノシン一リン酸【cGMP】)が増え、血管が広がることにより海綿体に血液が流れ込ます。これによって勃起が起こるのです。

勃起の仕組み

しかし、cGMPが増えたままだと勃起しっぱなしになってしまうので、性的興奮がおさまるとcGMPを壊すPDE5という酵素が出て、cGMPによって広がっていた海綿体の血管が縮小し勃起が収まるようになっています。

EDの方は何らかの原因でcGMPが出づらくなっていています。血管を拡張させ勃起を促すcGMPが減少しているのに、cGMPを壊すPDE5は出続けている為、結果として勃起が起きづらくなるのです。

ED治療薬はPDE5の働きを阻害し血流を良くする薬です。服用によりcGMPが壊されることなく働き、海綿体に十分に血液が流れ込み、勃起を促すわけです。

バルデナフィルについての詳細はこちら
当院のED治療薬についての詳細はこちら

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。