ED治療薬と食事の関係

ED治療薬と食事の関係

ED治療薬と食事の関係

ED治療薬は種類によって食事との関係が違ってきます。

バイアグラに関していえば食事の影響がかなり強く出てしまうので、空腹時に服用することが望ましいです。空腹時に服用することにより、満腹時に服用するのと比べ、効果が現われるまでの時間が2倍以上早いとされていますし、服用後の最大血中濃度も空腹時のほうが約1.7倍に増える為、より効果が強く現われます。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)はバイアグラのそういった欠点を解消された薬で、食事の影響を受けにくいといわれています。『標準的な食事なら影響を受けない』(一般男性の標準的な食事は一食約700kcalです)と謳われている通りバイアグラと比べ食事の影響は少ないです。しかし補足で『総エネルギーに占める脂肪の割合が30%』とありますので、脂っこい食事後に服用すると効果に影響が出てしまいます。バルデナフィル(レビトラジェネリック)を服用する前に食事を取られるのであれば、なるべく脂肪分を落としたさっぱりとした食事をするように心がけましょう。

最後にタダラフィル(シアリスジェネリック)について。この薬は3つのED治療薬の中でもっとも食事の影響を受けにくいとされています。メーカーが発表している目安としては800kcalまでの食事であれば影響を受けません。しかし、どの薬も満腹時より空腹時に服用することでより高い効果が望めます。もし食後に服用されるのであれば、食後2時間くらいたってから服用するか、食前に服用されるのであれば、薬を飲んでから1時間以上空けてから食事をとられることを進めします。

ED治療薬服用のタイミング

ED治療薬服用のタイミング
当院のED治療薬についての詳細はこちら

この記事の監修者

プロフィール

昭和58年3月|東海大学医学部卒業、十仁病院皮膚科、慶和病院副院長を務め、平成16年リブラクリニック目黒院入局、平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適性治療に多数貢献。昭和64年に医学博士取得。
座右の名は「努力こそ金なり」、趣味は釣り。

専門クリニックで安心のED治療

EDでお悩みの方は全国にたくさん居られます。「自分だけかも…」と一人で悩む必要はありません。当院の医師はあなたのEDの原因究明と適切なアドバイス、治療薬の処方でED解決を親身になってお手伝いします。当院では、ED治療20年の実績から多くの患者様に喜びの声をいただいております。

受付

安心・安全かつ確実にED治療を受けるためにも是非リブラクリニックへご来院ください。「男性スタッフ一同、お待ちしております!」

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。