不妊症とED

不妊症とED

不妊症とED

不妊症とED

近年、日本では少子化が大きな問題になっています。これは恋愛に積極的になれない草食系男子の増加や、女性の社会的地位の上昇による恋愛感の変化によって結婚願望を持たなくなった人が増加し、結婚する人自体が減少しているのが大きな原因の一つですが、結婚し子供を作ろうとしても作ることのできない、いわゆる『不妊症』の方が増えてきているのも原因だと考えられています。

不妊症とは、避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠しない状態のことで、現在日本の妊娠を望んでいるカップルのなんと約10%が不妊症だといわれています。不妊症といえば、未だに女性の側に問題があると捉えられがちですが、その原因の割合は、男性の側に問題がある場合が40%、女性の側に問題がある場合が40%、両性共に問題がある場合が15%、原因不明の場合が5%といわれていて一概に女性の側にだけ問題があるわけではないのです。ちなみに男性側の問題としては、精子を造る能力が低い造精機能障害や、精液に精子が全く認められない無精子症などがありますが、実はEDもその1つとして数えられています。自然に妊娠しようとすると、膣内へ射精をするところから始まりますが、性交為自体を完結することのできないEDは妊娠を望むカップルにとってとても深刻な問題なのです。

こうした男性不妊の原因になっているEDは、若いカップルが離婚する大きな原因にもなっています。EDには様々な原因があり治療が可能なのですが、女性が「愛情がないからできない。」と考えてしまう事が多いからです。男性はちょっとした理由で勃起が起こらなくなることも珍しくはありません。そのことで女性がパートナーの男性を攻めるとさらにEDが深刻になることもあるのです。また、子づくりに対するプレッシャーから、今まで何も問題がなかった人が突如EDになるケースも多くあります。この様に、子供を望むカップルを悩ませるEDは心理的な原因のものが多いのです。過去の性交の失敗や仕事のストレスなど心因的要因でEDになっている場合、ED治療薬の服用がとても効果的です。しかもED治療薬を服用して子づくりに励んだとしても、生まれてくる子どもには何の影響もなく安心して使っていただけます。

専門のクリニックを受診し、医師の診察を受け、適切に用いた場合、ED治療薬からとても大きな効果が得られるはずです。ED治療薬を利用し、妊娠までいければあなたも日本の少子化問題に貢献できるかもしれません。

当院のED治療薬についての詳細はこちら

この記事の監修者

プロフィール

昭和58年3月|東海大学医学部卒業、十仁病院皮膚科、慶和病院副院長を務め、平成16年リブラクリニック目黒院入局、平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適性治療に多数貢献。昭和64年に医学博士取得。
座右の名は「努力こそ金なり」、趣味は釣り。

専門クリニックで安心のED治療

EDでお悩みの方は全国にたくさん居られます。「自分だけかも…」と一人で悩む必要はありません。当院の医師はあなたのEDの原因究明と適切なアドバイス、治療薬の処方でED解決を親身になってお手伝いします。当院では、ED治療20年の実績から多くの患者様に喜びの声をいただいております。

受付

安心・安全かつ確実にED治療を受けるためにも是非リブラクリニックへご来院ください。「男性スタッフ一同、お待ちしております!」

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。