もし、副作用がでたら

もし、副作用がでたら

もし、副作用がでたら

ED治療薬を飲んで副作用がでたら

ED治療薬は医療用医薬品です。薬効があるのはもちろんですが副作用があることもまた事実です。ED治療薬はとても安全性が高く、危険性はとても低いですが、もし副作用が起きてしまった場合どうすればいいのでしょうか。

ED治療薬の3薬バイアグラ、シルデナフィル(バイアグラジェネリック)、バルデナフィル(レビトラジェネリック)、シアリス、タダラフィル(シアリスジェネリック))の副作用としてもっとも多くあげられるのは、『顔のほてり』や『目の充血』です。この副作用に関しては、バイアグラ、バルデナフィル(レビトラジェネリック)を服用される方の約9割、シアリス、タダラフィル(シアリスジェネリック)を服用されている方の3割に見られる症状で、ED治療薬の効果の表れといってもいい症状です。また、バイアグラ、バルデナフィル(レビトラジェネリック)を服用することで、『頭痛』『動悸』『鼻づまり』といった症状の副作用がでる方も多いです。この様な副作用に関してはED治療薬の効果が切れる4~5時間程度で治まるといわれています。しかし頭痛が強く出てしまったり、鼻づまりが気になって仕方がないのであれば、市販されている頭痛薬や点鼻薬を併用することで症状を抑えることができます。どうしても副作用の症状が気になったり、心配なようであればお気軽に当院までご相談ください。

また、ED治療薬を服用するに当たり特に気をつけていただきたい方は狭心症を抱えている方です。なぜなら狭心症の治療薬である硝酸剤はED治療薬と併用禁忌の薬で、併用することにより血圧が下がりすぎ命に危険が生じる副作用が出るためです。では、日頃硝酸剤の薬を飲んでいない人であれば問題がないのかというとそうではありません。例えば、性行為中に心臓発作が起きてしまった場合です。この場合、意識がないままに救急車で病院に運び込まれ、医師の治療を受けるとなると、かなりの確率で硝酸剤を投与されるからです。健康な人でも心臓発作などは不意に起こることがありえます。上記の様なことになるのを防ぐ為にも、パートナーにED治療薬を服用していることはできる限り伝えておきましょう。

狭心症の方に限らず、ED治療薬を服用できない方や、併用が禁忌されている薬は数多くあります。正しい知識を身につけ、適切な利用を心がけましょう。

 

当院のED治療薬

バイアグラ

【ヴィアトリス製薬株式会社】

シルデナフィル(バイアグラジェネリック)

【富士化学工業株式会社】【東和薬品株式会社】

バルデナフィル(レビトラジェネリック)

【東和薬品株式会社】 【沢井製薬株式会社】

シアリス

【日本新薬株式会社】

タダラフィル(シアリスジェネリック)

【東和薬品株式会社】 【沢井製薬株式会社】

 

当院のED治療薬についての詳細はこちら

この記事の監修者

プロフィール

昭和58年3月|東海大学医学部卒業、十仁病院皮膚科、慶和病院副院長を務め、平成16年リブラクリニック目黒院入局、平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適性治療に多数貢献。昭和64年に医学博士取得。
座右の名は「努力こそ金なり」、趣味は釣り。

専門クリニックで安心のED治療

EDでお悩みの方は全国にたくさん居られます。「自分だけかも…」と一人で悩む必要はありません。当院の医師はあなたのEDの原因究明と適切なアドバイス、治療薬の処方でED解決を親身になってお手伝いします。当院では、ED治療20年の実績から多くの患者様に喜びの声をいただいております。

受付

安心・安全かつ確実にED治療を受けるためにも是非リブラクリニックへご来院ください。「男性スタッフ一同、お待ちしております!」

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。