ED治療薬の成分含有の違い

ED治療薬の成分含有の違い

ED治療薬の成分含有の違い

ED治療薬の成分含有の違い

当院で扱っているED治療薬にはシルデナフィル(バイアグラ・バイアグラジェネリック)、バルデナフィル(レビトラジェネリック)、タダラフィル(シアリス・シアリスジェネリック)の3種類があります。この3種類の中でもシルデナフィルには25mgと50mg、バルデナフィルには10mgと20mg、タダラフィルには10mgと20mgと、主要成分の含有量の違いも含めれば3種類各2種類の全6種類になります。

良く患者さんからある問い合わせで『バルデナフィルの10mgと20mgってどういう違いがあるの?』というのがあるのですが、簡単に説明すると効果の強さが違います。

バルデナフィル(レビトラジェネリック)を例にすれば、有効成分の「バルデナフィル」という成分が勃起を持続させるのに必要な物質を壊してしまう酵素の抑制をしているのですが、このバルデナフィルがレビトラジェネリック10mgには「10mg」、レビトラジェネリック20mgには「20mg」含まれているということです。

もちろんバルデナフィル(レビトラジェネリック)は薬なので人によって効きやすい、効きにくいと個人差があります。ですから含有量の違う2種類があり、まずは標準の10mgを試してもらい、効きにくいようなら20mgを試してもらう、という処方をしています。

患者さんの問い合わせで、『バルデナフィル(レビトラジェネリック)10mgでも十分に効果があるんだけど20mgに変えたらもっと効果が高くなるの?』というものがあります。これに関しては10mgで十分な効果が出ているのであれば20mgに変えても効果はさほど変わらず、副作用だけが出やすくなります。ですからすでに効果が認められているのであれば成分の含有量が多いものにする必要はありません。

また違う問い合わせで『バイアグラは25mgと50mgでレビトラジェネリックやシアリスよりも主要成分が入っている量が多いので一番強く効果が出るのか?』というものがありますが、バイアグラの主要成分は『シルデナフィル』、レビトラジェネリックは『バルデナフィル』、シアリスは『タダラフィル』と3薬とも違う成分が含有されていますので、ただ含有量だけをみて効果は比較できません。レビトラジェネリックとシアリスの主要成分が10mg、20mgと共に同じ含有量なのでバイアグラも一緒にして考えてしまいがちですが、同じED薬でも3薬とも違う薬なのです。

当院のED治療薬についての詳細はこちら

この記事の監修者

プロフィール

昭和58年3月|東海大学医学部卒業、十仁病院皮膚科、慶和病院副院長を務め、平成16年リブラクリニック目黒院入局、平成22年よりリブラクリニック目黒院院長。ED治療薬、AGA治療薬の推進と適性治療に多数貢献。昭和64年に医学博士取得。
座右の名は「努力こそ金なり」、趣味は釣り。

専門クリニックで安心のED治療

EDでお悩みの方は全国にたくさん居られます。「自分だけかも…」と一人で悩む必要はありません。当院の医師はあなたのEDの原因究明と適切なアドバイス、治療薬の処方でED解決を親身になってお手伝いします。当院では、ED治療20年の実績から多くの患者様に喜びの声をいただいております。

受付

安心・安全かつ確実にED治療を受けるためにも是非リブラクリニックへご来院ください。「男性スタッフ一同、お待ちしております!」

オンライン処方

現在、リブラクリニックでは全国の患者様を対象に初診・再診問わず、お電話での遠隔診察後、ED治療薬・AGA治療薬をご自宅またはご指定の場所に配送いたします。