泌尿器科・皮膚科・美容外科 リブラクリニック

EDとPE(早漏症)

実は、ED(勃起不全)でお悩みになり当院にいらっしゃる患者さんの中には、同時にPE(早漏症)にも悩んでいるという方が結構いらっしゃいます。

これは当院の患者さんに限らず、EDとPEとが合併することは多く認められていて、EDの方の1/3がPE(早漏症)を合併しているとも言われています。

PE(早漏症)は、陰茎の皮膚が過敏になっているのが原因ではないかと以前は考えられていましたが、現在ではストレスや不安などの心因的要因が原因ではないかという考え方が主流です。

ではなぜEDが認められる方の多くにPE(早漏症)の症状が出るのでしょうか。

EDの認められる方の多くは勃起を維持できる時間が短く、また勃起を維持する為には強い刺激が必要とされるため、勃起している状態を維持しようとし、より強く刺激をしようとします。その強い刺激によって結果的に射精までにかかる時間が短くなってしまい、萎えてしまっては射精が出来ないという焦りがPE(早漏症)を合併させている可能性が考えられます。

こういった場合には、ED治療薬の服用がEDの改善だけではなくPE(早漏症)を改善させることにも大きく繋がります。ED治療薬を服用することで勃起した状態を持続させることを容易にし、PEの原因になっている「勃起が持続できないことで射精が出来ない」という心因的要因を払拭させるためです。

ED治療薬自体にはPEを改善するという効果は謳われていませんが、当院ではED治療薬の服用でEDを改善することにより、合併していたPEも改善されたという患者さんのお声を多く聞きます。

男性機能というのは精神的なものに影響を大きく受けます。EDだけでなくPEに関しても心因的要因を払拭することで改善されるのです。

当院では4種類のED治療薬をご用意しています。

初診料・再診料はかからず、お薬代のみで処方できます。ご予約も不要ですので、是非、お気軽にご来院ください。

新宿駅から徒歩3分の新宿院アクセスはこちらをクリック 目黒駅から徒歩0分の目黒院アクセスはこちらをクリック
スタッフブログ